仕事をしながら痩せるには工場勤務がオススメな理由3選

働きながら体重を減らしたいと考えている方は、どの仕事が効率よく痩せるか悩ましい問題です。

工場勤務は効率よく痩せるためのオススメの選択肢です。

なぜなら、工場勤務だとリバウンドしにくく、無理なく健康的に痩せられる状況が整っているからです。

本記事は、仕事をしながら痩せるには工場勤務がおすすめの理由3選から効果を高めるポイントまで徹底解説します。

また工場勤務で立ち仕事がきつくなったときの対処法も紹介していますので、参考にしてください。

この記事を読むことで、働きながら痩せるには工場勤務が向いていることが理解でき、仕事を選ぶ判断材料になるでしょう。

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】
月収42万円・祝金111万円など

仕事をしながら痩せるには工場勤務がおすすめの理由3選

ここでは、仕事しながら痩せるには工場勤務がおすすめの理由を3つ紹介します。

  • 無理なく痩せられる
  • リバウンドしにくい
  • 経済的な面でもプラスになる

働きながら痩せたいと考えている方は、なぜ工場勤務がおすすめなのかを把握しておくことが重要です。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

無理なく痩せられる

工場勤務は、基本立ち仕事や軽作業など体力を使う肉体労働が含まれています。

たとえば、製造ラインでの作業や資材の運搬などがあります。

仕事の中で動き回ることもあるため、日常的に運動が取り入れられ、カロリー消費が増えるため、体重を減らすのに効果的です。

また体を動かすことはストレスの軽減にもつながります。

ストレスは過食や不健康な食生活になることがあり、仕事中に体を動かすことで健康的な生活も期待されます。

無理なく健康的に減量したい方は、工場勤務がおすすめです。

リバウンドしにくい

工場では一定のスケジュールで仕事を行うため、規則正しい生活リズムが維持でき、食事や睡眠の乱れが少ないです。

不規則な生活環境はリバウンドの原因になり得ますが、工場勤務ではリスクが低減されます。

また工場は日々の運動が確保されるため、定期的な身体活動が体脂肪を燃焼させる効果があります。

リバウンドを防ぐだけでなく、健康的な生活習慣を続ける上でもおすすめです。

経済的な面でもプラスになる

仕事をしながら痩せるには工場勤務がおすすめの理由は、経済的な面でもプラスになることです。

給与や雇用の安定感があれば、健康的な食事や運動にかかる費用に余裕が持てます。

また福利厚生で健康に関するサポートを行っている工場や会社もあり、こういった待遇があることは労働者には大きなメリットです。

健康診断や栄養相談、フィットネス施設の利用などが無料または割引価格で提供されることがあります。

経済的な負担を軽減し、無理なく健康的に痩せる環境が整っているため、働きながら減量を目指す方には特におすすめです。

工場勤務の立ち仕事で痩せられるのか?

ここでは、工場勤務の立ち仕事で痩せられるのかを紹介します。

  • 立ち仕事のカロリー
  • テレワークとの比較

働きながら痩せたい方は、工場勤務の仕事がどれだけカロリーが消費されるか理解しておきましょう。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

立ち仕事のカロリー

工場勤務の立ち仕事の消費カロリーは、年齢や性別、体重などによって大きく変わります。

たとえば、体重50キロの方なら立っているだけでも約70〜80kcal消費します。

8時間勤務なら約600〜700kcalを消費する計算です。

また工場勤務は荷物を運んだり、機械を操作したりする作業で、筋力や持久力が必要とされます。

そのため、より多くのエネルギーが消費されることが期待できるでしょう。

テレワークとの比較

テレワークはほとんど動かないですが、カロリーは消費します。

立ち仕事と同様で体重50キロの人なら消費カロリーは約40〜50kcalです。

立ち仕事の人とテレワークの消費カロリーは大差がないと感じる人もいるかもしれません。

しかし立ち仕事は荷物の運搬など動くことが多いため、エネルギーを激しく消費します。

1日だけでは大きな差がでない可能性がありますが、日数が増えることで差が大きくなり、立ち仕事で働く人の方が痩せやすいでしょう。

工場勤務で痩せないときに効果を高めるポイント

工場で働いていても痩せないときもあります。

しかし下記のポイントを意識して行動すれば、効果が高められます。

  • 正しい姿勢を維持する
  • こまめに水分確保する
  • つま先立ちも取り入れる
  • 加圧シャツなど着用する
  • ストレスを発散する

効率よく痩せたい方は効果を高めるポイントを理解しておきましょう。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

正しい姿勢を維持する

工場勤務で痩せないときに効果を高めるポイントは、正しい姿勢を維持することです。

正しい姿勢を保つことで、体の主要な筋肉が適切に働き、基礎代謝が向上します。

基礎代謝が高まると、静止時でも多くのエネルギーを消費しやすいです。

正しい姿勢を維持するためには体幹と筋肉が不可欠です。

体幹の筋肉を鍛えることは安定性向上につながり、全体の筋力やバランスを改善します。

またストレッチを取り入れると柔軟性が向上し、運動効果が高まるため痩せやすい体を維持しやすいです。

こまめに水分補給する

適切な水分補給は代謝を活性化させ、体内の新陳代謝をサポートします。

エネルギーの効率的な利用が促進され、痩せやすい状態が維持しやすいです。

適切な水分補給は体内の老廃物や毒素を排出する効果があります。

デトックスが促進されることで、新陳代謝がスムーズに進み、健康的な体重維持が期待できます。

こまめな水分補給を心がけることで、痩せやすい生活習慣を構築しましょう。

つま先立ちも取り入れる

つま先立ちすることで、ふくらはぎや足首周りの筋肉が効果的に活性化されます。

下半身の筋肉を鍛え、代謝を促進して脂肪の燃焼をサポートします。

つま先立ちはどこでも手軽に行えるエクササイズです。

作業中の合間や休憩時間に取り入れることで日常的に継続しやすくなります。

仕事の合間や休憩時間を利用して、積極的につま先立ちを取り入れましょう。

加圧シャツなど着用する

工場勤務で痩せないときに効果を高めるポイントは、加圧シャツなどを着用することです。

加圧シャツは身体に均等な圧力をかけることで、姿勢をサポートします。

正しい姿勢が維持されることで、体幹の筋肉が活性化され、痩せやすい体づくりが可能です。

ただし、加圧シャツは見た目の変化を提供するものであり、継続的な体調管理や健康づくりには、適切な食事や運動を組み合わせることが重要です。

ストレスを発散する

ストレスが溜まると、過食や不健康な食事に走る傾向があります。

ストレス発散を行うことで、過食などを防ぎ、健康的な食習慣が維持しやすいです。

痩せにくい状態にある場合は、ストレスの原因を把握し、対処法を見つけることが重要です。

定期的なストレス発散を習慣化し、健康的な生活習慣をサポートすることが、痩せやすい体づくりにつながります。

中広告1中広告2

工場勤務の立ち仕事で気をつけること

ここでは、工場勤務の立ち仕事で気をつけることを紹介します。

  • 足がむくみやすい
  • 肩こりや腰痛が発生しやすい
  • 体力の消耗が激しい
  • 食べ過ぎには注意

工場勤務を快適に過ごすためにも気をつけることを理解しておきましょう。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

足がむくみやすい

立ち仕事では足に長時間にわたって重力がかかるため、血液やリンパの流れが悪くなります。

むくみは長時間同じ姿勢を保持したり、十分な運動ができなかったりすると発生しやすいです。

定期的に休憩を取り、足や脚の筋肉を伸ばすストレッチを行うことで、むくみが改善されます。

肩こりや腰痛が発生しやすい

立ちっぱなしや同じ姿勢を続けることで、特に肩や腰の筋肉に疲労が溜まります。

肩こりや腰痛が発生したときは、定期的に休息を取り、肩や腰のストレッチを行うことで、筋肉の緊張をほぐし、血行を促進します。

また適切な姿勢を保つことが重要です。

背中をまっすぐにし、肩に力を入れずにリラックスした状態をキープしましょう。

体力の消耗が激しい

工場勤務では重い物を持ち上げたり、運んだりする作業があります。

特に腰や脚の筋肉が酷使され、体力を使い果たす原因になりやすいです。

忙しい状況であってもバランスの取れた食事や十分な睡眠時間の確保が大切です。

定期的な休息や適切な食事の摂取、適度な運動などを取り入れることで、長時間の立ち仕事でも集中して働けます。

食べ過ぎには注意

工場勤務の立ち仕事で気をつけることは、食べ過ぎに注意することです。

食べすぎると、満腹感や消化の影響で快適な作業が難しくなります。

特に立ち仕事では腹部への圧迫感が仕事の効率や快適さに影響を与える可能性があります。

食べ過ぎによる不快感を防ぐために、適切な食事量や栄養バランスを保つことが必要です。

個人の体調や仕事の特徴に応じて、食事習慣を工夫しましょう。

工場勤務で立ち仕事がきつくなったときの対処法

工場勤務は体力を要するため、立ち仕事が時折きつく感じることがあります。

きつい状況に対処するためには、以下のポイントを抑えておくと効果的です。

  • 定期的にストレッチ
  • 軽い筋力トレーニング
  • 靴や靴下を見直す
  • 湯船に浸かる
  • 十分な睡眠時間を確保

詳しく解説しますので、参考にしてください。

定期的にストレッチ

ストレッチを仕事の合間や休憩時間に行うことで、筋肉の緊張を和らげ、立ち仕事による疲労や不快感が軽減できます。

たとえば、椅子に座り、片足を反対の膝にクロスしたり、手でつま先を軽く押したりして足首を伸ばすなどがあります。

足首や脚のストレッチは特に、立ち仕事において下半身の疲労を和らげるのに有効です。

定期的かつ適切なストレッチを行うことで、体調や仕事への集中力が保てます。

軽い筋力トレーニング

軽い筋力トレーニングは立ち仕事による疲労感や不快感を軽減することができます。

スクワットやウォーキングなど簡単なトレーニングを取り入れることで、立ち仕事による筋肉の負担が分散され、疲労感の軽減に効果的です。

ただし、無理なく行うことが大切であり、急激な動作や重い負荷を避けるようにしましょう。

靴や靴下を見直す

工場勤務で立ち仕事がきつくなったときの対処法は、靴や靴下を見直すことです。

適切なサイズを選ぶことで、足の疲労を軽減し、快適な労働環境が作り出せます。

靴が小さすぎたり大きすぎたりすると、足への負担が増えるため、作業に集中できません。

適切なサイズを選ぶことで脚の疲労感を和らげ、立ち仕事のストレスを軽減するのに役立ちます。

湯船に浸かる

温かい湯船に浸かることで、筋肉が緩み、血行が良くなります。

また湯船に浸かることはリラックス効果があり、精神的なストレスを軽減するのにも役立ちます。

ただし、高温のお湯に長時間浸かると、かえって体力を奪う可能性があるため、適切な温度と時間に注意することが重要です。

湯船に浸かることは、仕事後や休日に疲れを癒すための良い方法であり、心身ともにリフレッシュできるでしょう。

十分な睡眠時間を確保

工場勤務で立ち仕事がきつくなったときの対処法は、十分な睡眠時間を確保することです。

睡眠時間を十分に確保することは、工場勤務での立ち仕事による疲労や不快感を軽減でき、体力の回復を促進します。

毎日同じ時間に寝室に入り、同じ時間に起床することで、体内リズムが整い、質の高い睡眠が期待できるでしょう。

十分な睡眠は身体の回復に欠かせない要素であり、充実した仕事や健康的な生活を維持する上で重要です。

まとめ

工場勤務は体力が求められる仕事が多いため、無理なく健康的に働きながら痩せられます。

生産スケジュールに対して作業を行うことで、規則正しい生活が過ごせるためリバウンドを心配する必要もありません。

ただし、効率よく痩せるには十分な睡眠時間の確保や適切な食事、適度な運動なども大切です。

働きながら痩せたい方は、先ほど紹介したポイントを参考に仕事の合間に取り入れてみてください。

工場なら経済面でもプラスになるサポートもあるため、無理なく痩せながら働き続けられるでしょう。

大山 拓夢

[ プロフィール ]

大阪出身
製造業界経験3年
派遣業界に強い

[ 職務経歴 ]

採用マーケティングチーム
・Webディレクター
・Webライター
・原稿管理
・出稿管理など

 

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】