転職するならこの時期がおすすめ!その理由も詳しく解説!

転職を成功させたいけど、いつのタイミングに活動するのがいいのかと悩まれている人も多いでしょう。

転職の成功率を高めたい人は、ベストなタイミングを把握することが大切です。

本記事は、転職に有利な時期やタイミングを徹底解説します。

また、最適なタイミングで転職するコツを紹介しますので、参考にしてください。

本記事を読むことで、転職にベストなタイミングが理解でき、成功する可能性があがります。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】
月収42万円・祝金111万円など

転職に有利な時期っていつ?

ここでは、転職に有利な時期を紹介します。

  • 4月入社希望なら2月から3月
  • 10月入社希望なら8月から9月
  • 競争が少ない時期を狙うなら4月から5月

転職をスムーズに進めたいなら、市場の動向をチェックしておくことが大切です。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

4月入社希望なら2月から3月

転職に有利な時期は状況によって異なりますが、4月入社希望なら2月から3月がおすすめです。

企業は、4月の年度初めに向けて、新入社員以外の人材を補充したいと考えています。

たとえば、新入社員と中途社員を同時のタイミングで入社させれば、研修などがまとめてできるため、教育コストの削減が可能です。

2月から3月は新卒採用も落ち着くため、足りない人材を中途採用で獲得したい企業も多いでしょう。

10月入社希望なら8月から9月

8月から9月も求人が増える傾向があり、10月入社希望の方はおすすめです。

10月は半期の切り替えとなる企業も多いため、企業は新たな人材を補充する可能性があります。

求人が多いタイミングで転職活動を始めると、採用枠も広いため、受かる確率も高まるでしょう。

普段は募集しない職種でも、このタイミングでは募集されている場合もあるため、入念にチェックしましょう。

競争が少ない時期を狙うなら4月から5月

4月から5月は多くの企業の採用活動を止める傾向があります。

新入社員が入社し、総務や人事部は研修やトレーニングに注力するからです。

多くの企業が求人を出さないため、求職者も転職活動を控える可能性があります。

業界や職種など求人数に限りがありますが、ライバルが少ないため、採用される確率が高まります。

業種や職種を問わず転職したい方は、4月から5月に転職活動がおすすめです。

**

関連記事:工場求人が多い月・少ない月とその理由とは?【転職のベストタイミングまとめ】

転職を避けたほうがいい時期とは

ここでは、転職を避けたほうがいい時期を紹介します。

  • 11月から12月は求人数が減る
  • 4月は採用活動を止める企業が多い
  • 職場が繁忙期は避ける

転職を避けたほうがいい時期を把握しておけば、計画が立てやすくなります。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

11月から12月は求人数が減る

転職市場では、11月から12月に求人が減少する傾向があります。

12月は繁忙期を迎える企業も多いことや、人事部や総務部でも年末調整に追われるため、採用の活動を止める企業がほとんどです。

幅広い求人を見て比較したい方は、転職活動が活発な時期に行動することがおすすめです。

4月は採用活動を止める企業が多い

4月から5月は求人数が減少するため、ライバルも少なく、自分に合った仕事が見つからない可能性があります。

4月から5月は新年度が始まり、新入社員の研修などで採用活動を止める企業も多いです。

求職者は転職先の選択肢が制限されるため、転職活動を避けたほうがいいでしょう。

ただし、4月から5月は求職者の転職活動も止まるため、ライバルが少ない時期を狙うなら4月から5月がおすすめです。

職場が繁忙期は避ける

転職活動を行う上で、職場とのスケジュール調整も大切です。

職場が繁忙期になる時期は、転職活動を避けるようにしましょう。

たとえば、繁忙期に転職活動すると、面接や試験など日程調整が難しいです。

仕事を理由に選考を辞退する場合もあるため、後悔する可能性もあります。

職場の繁忙期は避け、スケジュールに余裕が持てる時期に行動することが大切です。

転職市場が活発な時期に行動するメリット

ここでは、転職市場が活発な時期に行動するメリットを紹介します。

  • 自分に合う仕事が見つかりやすい
  • 求人数が多くて採用されやすい

転職市場が活発な時期は理解できたけど、行動するメリットを理解しておくことも大切です。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

自分に合う仕事が見つかりやすい

転職市場が活発な時期に行動するメリットは、自分に合う仕事が見つけやすいことです。

多くの企業が求人を公開するため、求職者の選択肢が増えます。

たとえば、転職市場が活発な時期は、様々な業界から求人が出ています。

自分のスキルや興味がある業界や職種に応募することで、新しいキャリアが見つかりやすいです。

求人が多いことで、給与や福利厚生などの条件の交渉もしやすく、自分に合った仕事が見つかる可能性があります。

求人数が多くて採用されやすい

転職市場が活発な時期に行動するメリットは、求人数が多くて採用されやすいことです。

多くの企業が積極的に人材を募集するため、採用されるチャンスが高まります。

たとえば、求人数が多い状況では、企業が優秀な人材を求めているため、競争が激化し、市場価値も上がりやすいです。

求職者は、自身のスキルや経験が高く評価されるため、採用される可能性があります。

転職を成功させたい人は、市場が活発な時期を狙って行動するのがおすすめです。

転職市場が活発な時期に行動するデメリット

ここでは、転職市場が活発な時期に行動するデメリットを紹介します。

  • ライバルが多くて採用されにくい
  • 求人内容を比較する時間がない

転職市場が活発な時期に行動する方は、デメリットを考慮しておくことも重要です。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

ライバルが多くて採用されにくい

転職市場が活発な時期に行動するデメリットは、ライバルが多くて採用されないことです。

多くの企業が求人を公開しますが、求職者も同様に増えます。

たとえば、自分が希望する求人があったとしても、求職者が多いと競争が激化し、不採用になるかもしれません。

求職者は、転職市場が活発な時期はライバルが多いことを考慮しておきましょう。

競争が激化するため、自分の強みが活かせるスキルを明確にして適切にアピールすることが大切です。

求人内容を比較する時間がない

転職市場が活発な時期に行動するデメリットは、求人内容を比較する時間がないことです。

活発な転職市場では、求人が多数存在するため、求人内容を理解せずに判断を誤る可能性があります。

たとえば、給与や福利厚生だけで判断してしまうと、仕事内容などを見落とすかもしれません。

急いで求人に応募すると、自分に合った求人かどうか判断するのが難しいです。

求職者は転職活動を進めるときに、情報収集を行い、求人の詳細を注意深く確認する必要があります。

中広告1中広告2

転職する前に確認しておくこと

ここでは、転職する前に確認しておくことを紹介します。

  • 賞与をもらってから退職するか
  • 資格を取得してから活動すべきか
  • 結婚や出産を終えてから活動すべきか
  • 転職にかかる期間を理解しておく

転職前に確認しておくと、失敗や後悔を防ぐことができます。

一つひとつ詳しく解説しますので、参考にしてください。

賞与をもらってから退職するか

転職前に賞与を受け取ってから退職すると経済的余裕が生まれます。

たとえば、一般的に夏のボーナスは6月から7月なので、8月や9月入社を目安に活動すれば、スケジュールが立てやすいです。

最終的な判断は、求職者の状況や優先事項で異なります。

転職を検討している方は、賞与の受け取りタイミングも考慮することが重要です。

十分に検討して、自分の最適なタイミングを見つけましょう。

資格を取得してから活動すべきか

転職する前に確認しておくことは、資格を取得してから活動すべきかどうかです。

資格を取得してから行動すると、仕事にも余裕を持って行動できます。

たとえば、資格を取得する前に転職してしまうと、新しい仕事を覚えたり、環境に慣れるまでに時間がかかったりするため、時間の余裕がありません。

前職で資格を取得しておけば、転職活動に適切なアピールができます。

ただし企業の中には、資格取得中でも採用される可能性があるため、状況に応じて調整することが大切です。

結婚や出産を終えてから活動すべきか

結婚や出産は大きなライフイベントであり、十分に考慮する必要があります。

たとえば、転職先の企業や仕事の内容によっては、ワークライフバランスを重視してくれる場合もあります。

転職を検討する場合は、企業が家庭と仕事を両立した職場環境か、リサーチしておくことが大切です。

自分の状況を理解してくれる企業に出会えれば、仕事や家庭も充実します。

結婚や出産を控えている方は、急いで転職せずに、十分な時間をかけて検討するようにしましょう。

転職にかかる期間を理解しておく

転職する前に確認しておくことは、時間がかかることです。

すぐに転職できる方も存在しますが、適切な求人を見つけるには情報収集の時間を要します。

企業によっては選考プロセスが多く、最終面接に2週間以上かかる企業も少なくありません。

競争が激化したり、企業と日程が調整できなかったりすると、更に延びる可能性もあります。

転職にかかる期間を理解しておけば、退職日などを考慮しながらスケジュールが立てやすいです。

転職活動を検討している方は、時間に余裕を持って行動することで、状況に応じて柔軟に対応できます。

最適なタイミングで転職するコツ

ここでは、最適なタイミングで転職するコツを紹介します。

  • 希望入社時期から逆算して行動する
  • 時間が取れない人は連休を活用する
  • 入社直後の転職活動は避ける
  • 転職市場の情報だけに左右されない
  • 転職エージェントを活用する
  • 活動しやすい季節に行動する

コツを上手く活用すれば、転職もスムーズに進みます。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

希望入社時期から逆算して行動する

最適なタイミングで転職するコツは、希望入社時期から逆算して行動することです。

希望する新しい職場での入社日を設定しておくことで、適切なスタートを切れるでしょう。

企業も目標の入社時期に合わせて選考プロセスを進めてくれる可能性もあります。

希望する新しい仕事先での入社日を考えながら行動することで、焦りなく、転職活動が始められるでしょう。

時間が取れない人は連休を活用する

最適なタイミングで転職したい方の中で時間が取れない人は、連休を活用することも大切です。

連休を利用すれば、求人の情報収集や面接のスケジュールも柔軟に調整できます。

たとえば、連休を活かして自己分析を行い、履歴書や職務経歴書の作成が可能です。

連休を活用することで、限られた時間でも効果的に転職活動が進められます。

行動できる時間は限られるかもしれませんが、焦らず、自分に合ったペースで進めることが大切です。

入社直後の転職活動は避ける

短期間での転職活動は、企業からの信頼性を失う可能性があります。

たとえば、スキルや強みがある人材でも、短期間で仕事を転々とすると、採用してもすぐに辞めると企業に思われるかもしれません。

信頼性は、スキルや強みと同様に転職活動において不可欠な要素です。

慎重なキャリア戦略を構築するためには、入社直後の転職活動は避けることをおすすめします。

転職市場の情報だけに左右されない

最適なタイミングで転職するコツは、市場の情報だけに左右されないことです。

市場の情報だけで判断すると、自分に合った仕事が見つからないかもしれません。

求人数が少なくても、自分に合った仕事や企業があるため、定期的に確認する必要があります。

市場の情報は一つの指標ですが、それだけに依存せず、自身のキャリアに合っているかどうか判断しましょう。

自身のキャリア目標を重視し、バランスを取りながら転職を検討することで、適切なタイミングが見極められます。

転職エージェントを活用する

最適なタイミングで転職するコツは、転職エージェントを活用することです。

エージェントは転職に関しての専門知識が豊富なので、適切なアドバイスがもらえます。

自分に合った求人の見つけ方や、面接対策などが相談できるため、求職者にとっては大きなメリットです。

転職エージェントは、企業との給与交渉なども行ってくれるため、自分に合った条件の仕事が見つかる可能性があります。

転職活動に不安がある方は、エージェントに相談することがおすすめです。

活動しやすい季節に行動する

最適なタイミングで転職するコツは、活動しやすい季節に行動することです。

活動しやすい季節に行動することで、転職に対するモチベーションが向上します。

夏の暑いときや、寒い冬の日に活動するのはモチベーションが上がらず、転職活動が止まる可能性があります。

春や秋など気候的に心地よい時期に活動することで、気分も安定しやすいです。

活動しやすい季節を選ぶことで、転職活動が円滑に進められます。

まとめ

転職活動を検討するなら「2月から3月」と「8月から9月」の時期がおすすめです。

これらの時期は転職市場が活発な時期になるため、求人数が多く、採用される可能性が高まります。

転職市場が活発な時期での活動は、ライバルが多くなりますが、自分の希望に合った求人が見つかりやすいです。

転職をスムーズに成功させたい方は、先ほど紹介したコツを参考にしてください。

また、転職前に賞与を受け取るか、資格を取得するのかなど確認しておくことが大切です。

事前に確認しておけば、転職活動のスケジュールが立てやすく、状況に合わせて柔軟に対応できます。

大山 拓夢

[ プロフィール ]

大阪出身
製造業界経験3年
派遣業界に強い

[ 職務経歴 ]

採用マーケティングチーム
・Webディレクター
・Webライター
・原稿管理
・出稿管理など

 

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】