工場求人が多い月・少ない月と
その理由とは?
【転職のベストタイミングまとめ】

工場求人数は時期によって変動があります。

特に3月は企業の退職する人材が多かったり、人事異動の見直しがあったりして求人数が多いです。

反対に、5月は新入社員の研修が完了するなどで少ない傾向があります。

工場求人数の多い月や少ない月を理解しておけば、転職する最適なタイミングが見つかります。

本記事では、工場求人が多い月や少ない月を徹底解説します。

また、転職するベストタイミングを紹介していますので、転職を検討している方は参考にしてください。

本記事を読むことで、転職するベストタイミングが理解でき、成功させることができるでしょう。

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】
月収42万円・祝金111万円など

工場求人数が3月に増える理由は?

ここでは、工場求人が3月に増える理由を紹介します。

工場求人を探している方は参考にしてください。

退社する人材が多いから

工場求人数が3月に増える理由の一つとして、退社する人材が多いことが挙げられます。

多くの企業や産業では、年度の終了や新年度の始まりの3月から4月にかけて退職する人材が多いです。

退職する人材が多いため、工場などの企業はその穴を埋めるために新たな人材を求めます。

その結果、求人数が3月は増加傾向です。

年度の終わりや新年度の始まりは、多くの企業や組織にとって重要なタイミングになります。

年度末には多くの変更が行われ、退職する人材が増えるため、自分に合った求人を見つけられる可能性があります。

人事異動で見直したいから

人事異動での見直しが行われるため、3月に求人数が増えます。

工場内の部門チームの再編などが行われる時期だからです。

新たな生産ラインの立ち上げや既存ラインの改善、業務の調整などに伴って、人材構成を見直す必要があります。

また、生産量の増加に伴い、追加の従業員が必要になる業種もあります。

このような理由により、工場や生産施設でも人事異動に伴う見直しや新たな人材の募集が3月に行われるため、求人数が増える傾向があります。

採用予算を使い切りたいから

3月に求人数が多い理由は、採用予算を使い切りたいからです。

企業は1年間に使用できる採用予算が設けられており、使い切るために新たな人材を積極的に募集することがあります。

多くの企業は新卒社員を4月に採用することが一般的です。

このタイミングで新卒者の採用に合わせて、中途採用も行い、採用予算を有効活用します。

3月に求人数が増えるのは、企業が年度内に使える採用予算を最大限に活用したいからと言えます。

中広告1中広告2

工場求人数が5月から6月に少ない理由は?

ここでは、工場求人数が5月から6月に少ない理由を紹介します。

工場求人に興味がある方は、参考にしてください。

新入社員の研修が完了するから

工場求人数が5月から6月に少ない理由は、新入社員の研修が完了するからです。

新入社員の研修が行われる期間には求人数が一時的に減少します。

新入社員が現場に配属される前に、必要な研修を受けることで、基本的なスキルが身に付きます。

研修が完了した後、新入社員はより効果的に業務に取り組むことが可能です。

このような理由で、5月から6月の求人数が減少する傾向があります。

大型連休中は採用活動が停止するから

5月は大型連休があり、採用活動が停止するため、一時的に求人数が減少します。

大型連休や祝日には企業の業務が停止するからです。

そのため、5月の大型連休中には一時的に求人数が減少することもあります。

需要が落ち着くから

5月は求人数の需要が一時的に停止する傾向があり、求人数が減少します。

「独立行政法人労働政策研究・研修機構の資料」によると2023年5月と6月の求人数は他の月と比較しても少ないです。

1月 2月 3月 4月 5月 6月
求人数 2,562,353 2,623,567 2,628,578 2,490,496 2,435,500 2,442,531

上記の表を見てわかるように1月~4月にかけて求人数が増えますが、5月~6月に需要が減少します。

大型連休中は求職者も休暇をとることが多いため、求人への対応や応募数が減少する傾向があります。

派遣求人が消えるタイミング

ここでは、派遣求人が消えるタイミングを紹介します。

派遣求人を探している方は、参考にしてください。

求人募集期間が終了したとき

派遣求人が消えるタイミングは求人募集期間が終了したときです。

派遣求人は特定のプロジェクトや一時的な業務に応じて募集されます。

プロジェクトが完了し、業務に対しての募集が不要になった場合、求人期間が終了し募集も終了します。

そのため、派遣求人が消えるタイミングは、求人期間が終了したり、プロジェクトが完了したりするなどに応じて変動します。

企業が求める人材が変化したとき

企業が求める人材が変化したときも、派遣求人が消えるタイミングです。

企業の業務内容やプロジェクトが変化する場合、それに合わせて必要な人材スキルや経験も変わります。

また、産業や業界が急速に変化した場合、企業は求められる人材も異なります。

したがって、企業が求める人材ニーズが変化した際には、派遣求人がなくなるタイミングが多いです。

求職者の応募状況

求職者の応募状況に応じて、派遣求人が消える可能性があります。

求人の応募が多い場合には、企業が求人を打ち切るケースがあるからです。

求職者の応募状況に大きく影響を受ける要因は以下の通りに挙げられます。

  • 需要と供給のバランス
  • 人材の適合度
  • 競争力の変化
  • 業務の緊急性

  
企業は現場の市場動向やニーズを見極めながら、適切な判断を行う必要があります。

他の派遣会社と競合しているとき

他の派遣会社と競合しているときは、求人が消える可能性があります。

派遣市場は常に変動しており、需要と供給のバランスが影響するからです。

一定のスキルや経験を持つ優秀な派遣社員が求められる場合、複数の派遣会社がその人材を獲得しようと考えます。

他の派遣会社で優秀な人材が見つかった場合は、求人掲載が終了するかもしれません。

したがって、競合する他の派遣会社が存在する場合は、求人が消えるタイミングが早まることを考慮して応募する必要があります。

派遣の採用が決まりやすい人の特徴

ここでは、派遣の採用が決まりやすい人の特徴を紹介します。

派遣で仕事を始めたいと考えている方は参考にしてください。

専門スキルや経験がある人

専門スキルや経験がある人は、派遣の採用が決まりやすい特徴があります。

専門スキルや経験を持っている人材は、企業にとって即戦力になるからです。

たとえば、派遣求人に応募する際は、求人内容に適したスキルや経験を持っている人材は、採用してからすぐに業務に参加できます。

企業も研修などの手間や時間が省けるため、専門スキルや経験を持っている人材は有利です。

したがって、専門スキルや経験を持つ人材は、採用が決まりやすくなります。

コミュニケーション能力がある人

コミュニケーション能力がある人は、派遣の採用が決まりやすい特徴があります。

派遣の仕事でも組織内のメンバーと協力する場面が多いからです。

たとえば、特定のプロジェクトや日々の業務の中でコミュニケーションを取る必要があります。

コミュニケーション能力を持つ人材は、チーム内でコミュニケーションを図ります。

他のメンバーと調和しながら業務に取り組めるため、採用に有利です。

柔軟に対応できる人

派遣の仕事は企業や状況が変化することが多く、柔軟な対応力が求められます。

派遣先企業やチームが異なる環境になったとき、新しい環境に適応し、迅速に対応する能力が必要です。

これにより、効果的な業務遂行が期待され、採用にも有利となります。

また、業務で予期せぬ状況や急な変更にも臨機応変に対応できる能力も必要です。

派遣の仕事は、クライアントの要望やニーズに合わせた業務を担当することもあるため、柔軟な対応ができる人は採用されやすくなります。

スキルアップしたい人

スキルアップしたい熱意がある人も、採用されやすい特徴です。

スキルアップを志す人材は、新しい知識や効果的に学び、実践する能力があります。

派遣の仕事でも多様な業務に柔軟に対応するための学習能力が必要です。

また、スキルアップしたい熱意を持つ人材は、チーム内での貢献や努力が高まります。

チームメンバーやクライアント企業に対して、より多くの価値を提供しようとする姿勢は、採用に有利な要素です。

派遣の求人に応募する際には、スキルアップしたい熱意を伝えましょう。

前向きな考えを持っている人

前向きな考えを持っている人は、採用されやすい特徴です。

業務で困難な状況に対しても前向きな姿勢で取り組めます。

派遣の仕事でも、業務上の課題や挑戦に対して前向きなアプローチを持つことは、採用に有利な要素です。

また、問題発生したときも前向きに考えて行動し、トラブルを解決できます。

したがって、前向きな考えを持つ人材は、派遣の採用において魅力的な特徴です。

中広告1中広告2

転職を成功させるためにやるべきこと

ここでは、転職を成功させるためにやるべきことを紹介します。

転職を成功させたい人は、参考にしてください。

企業や業界を分析する

転職を成功させるためのポイントは、企業や業界を分析することです。

企業や業界の分析は、自分のスキルや経験がどのように活かせるか考えられます。

求人と自分のマッチング度を確認し、スキルを最大限に活かせるポジションを選ぶことが重要です。

また、企業や業界を理解した上で、面接や履歴書の準備を行いましょう。

企業の特徴や業界のトレンドに関する知識を活かし、自分の強みをアピールすることが大切です。

自己分析を徹底する

自己分析を徹底することも、転職を成功させるためのポイントです。

自己分析は、自分の強みや弱みを客観的に理解できます。

たとえば、自分の得意なことや向いていること、改善が必要な点を把握できます。

自分の価値や特徴を整理し、企業に適切にアピールできるため、企業に好印象が与えられるでしょう。

自己分析を徹底することで、自分の価値観やキャリアに合った転職先を選べます。

転職サイトに登録する

転職サイトに登録することで、さまざまな企業や業界の求人にアクセスできます。

自分に合ったポジションや条件を比較検討も可能です。

また、転職サイトは求人情報だけでなく、アドバイスなどの支援サービスも提供しています。

転職サイトに登録することは、求人情報の収集やマッチングだけでなく、転職活動を成功させるため有効活用しましょう。

自己PRや面接対策をする

転職を成功させるポイントは、自己PRや面接対策を行うことです。

自己PRや強み、価値をアピールすることは転職活動において重要な要素になります。

履歴書や職務経歴書、面接などで自分をしっかりとアピールすることで、企業に自身の魅力が伝えられます。

また、面接を練習することで、本番でもスムーズな回答が可能です。

事前に質問や具体的なエピソードを準備しておくことで、面接での簡潔な回答ができます。

自己PRや面接対策を積極的に行うことは、転職を成功させるために欠かせないポイントです。

転職を成功させるベストタイミング

ここでは、転職を成功させるベストタイミングを紹介します。

転職を成功させたい人は、ベストのタイミングを知っておきましょう。

入社してからすぐの転職は控える

転職を成功させるには、入所してからすぐの転職を控える必要があります。

入社してから転職を控えることは避け、現在の職場での経験や実績をしっかりと継続することが大切です。

転職は、前職に関してどれだけ貢献したかが評価されることがあります。

短期間で転職すると、企業はマイナスな印象を持つかもしれません。

自身のキャリア目標や状況を考慮し、計画的に行動を取ることが重要です。

ライバルが少ない時期を狙う

転職を成功させるには、ライバルが少ない時期を狙うことが大切です。

競争が少ない時期に転職を行うことで、求人への応募が少なくなり、競争が軽減されます。

ただし、特定の業界や分野に関しては、競争が少ない時期に求人が増加することもあります。

市場の動向を観察し、求人数が増えるタイミングを狙うことで、有利な条件で転職が実現できるかもしれません。

自分の強みやキャリアに合わせた適切な企業を決めること、自己PRや面接対策を行いながら戦力を練る必要があります。

じっくりと準備してから活動する

じっくりと準備してから転職活動するのが大切です。

転職を考える際には、どのようなキャリア目標を持っているか明確にすることが重要になります。

自分の希望する方向性や成長したい領域を把握し、合致した求人や企業を選ぶために時間をかけて考えることが必要です。

慎重に準備を行うことで、求人市場の動向や自身の状況を考慮し、適切なタイミングで転職活動を進めることができます。

関連記事:派遣転職の流れ【一覧】

まとめ

工場求人件数は、3月に増える傾向があります。

退職する従業員も多く、新たな人材を採用するために求人数も多いです。

一方で、5月~6月は新入社員の研修が完了したり、大型連休中があったりするため、求人数も減少します。

転職を成功させるためには、企業分析や転職サイトの登録が重要です。

自己PRや面接対策を講じることで、企業に自身の魅力をアピールできます。

最適な転職タイミングを選ぶためにも、先ほど紹介した方法を参考にしましょう。

採用担当のご紹介

[ プロフィール ]

大阪出身
製造業界経験3年
派遣業界に強い

[ 職務経歴 ]

採用マーケティングチーム
・Webディレクター
・Webライター
・原稿管理
・出稿管理など

 

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】