社員寮ってどんな感じ?食事やワンルーム説、ストレスなど闇も公開!

就職内定が決まれば、社員寮に入るか考える人もいますが、イメージが湧かない人も多いです。

社員寮の特徴を理解すれば、自分に向いているか向いていないか判断できます。

本記事は、社員寮ってどんな感じかを徹底解説します。

メリットやデメリットだけでなく、社員寮でストレスを溜めない対策を紹介していますので参考にしてください。

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】
月収42万円・祝金111万円など

そもそも社員寮ってどんな感じ?

ここでは、社員寮がどんな感じなのか紹介していきます。

社員寮を利用したい人は参考にしてください。

種類は豊富

社員寮はワンルームだけでなく種類も豊富です。

社員寮には大きく2種類に分けられます。

社有社宅・単身寮
借上げ社宅

 

社有社宅はマンションやアパートを企業が1棟丸ごと所有しています。

当然ながらワンルームではなく、1LDKや2LDKなど種類は豊富です。

そのため、一人暮らしだけでなく、家族でも暮らせます。

借上げ住宅は、企業が契約した物件を従業員に貸し出すことです。

一人暮らしならワンルームが一般的になります。

家族と住む場合も2LDKや3LDKもあるため、十分な広さです。

どちらも企業が家賃を一部負担してくれるため、従業員は安心して生活できます。

社員寮に少しでも不安がある方は、「住み込みはきついの?やめとけ派と楽派の声の違い【完全版】」を参考にしましょう。

食堂付きなら自炊できない人でも安心

社員寮の中には食堂を導入しているところもあります。

自炊が苦手な人や、忙しくて食事ができない人にも安心です。

自炊だと、好きなものを食べてしまうので、栄養が偏りがちになります。

食堂なら栄養満点な食事が提供されるため、偏る心配もありません。

特に一人暮らしで不安のある人は、栄養満点の食事が提供されるのは安心です。

また、食堂を利用すると、自炊するよりも安く抑えられるため、お財布にも優しいといえます。

自炊に自信がない人は、食堂付きの社員寮が最適です。

中広告1中広告2

社員寮を利用するメリット

ここでは、社員寮を利用するメリットを紹介していきます。

社員寮を利用したい人は参考にしてください。

家賃が安い

社員寮は家賃が安いのが魅力といえます。

通常のマンションやアパートを借りるよりも、家賃はかなり安くつきます。

社員寮は企業が家賃を一部負担してくれるため、低コストで生活ができるのです。

家賃を安く抑えれば、浮いたお金を貯金に回したり、趣味に使ったりできるでしょう。

安くできる理由については、「寮費無料のからくりとは?強制退去の条件も説明!」を参考にしましょう。

会社規定によっては、強制退去の可能性もありますので、注意してください。

家具など最小限に抑えられる

社員寮は家具などを最小限に抑えられます。

生活する上で最低限のものは揃っており、テレビや冷蔵庫などの家電製品が備え付けられています。

あらかじめ準備されていると、購入する必要もなく安心です。

一人暮らしは初めてだと、何を購入したらいいかわかりません。

ただ、社員寮によっては揃っていない家電や家具もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

水道光熱費は会社が負担してくれる

社員寮は水道光熱費を会社が負担してくれる企業もあります。

生活コストを最小限に抑えることができるのは大きなメリットです。

人にはよりますが、水道光熱費は月々1万円以上にもなります。

少しでも会社が負担してくれるため、浮いた資金が貯金などに回せます。

生活が充実すれば、仕事に対してのモチベーションも向上するでしょう。

リーズナブルな食堂がある

社員寮はリーズナブルな食堂があります。

低コストで栄養満点な食事が提供されるため、健康的です。

例えば、一人暮らしだと忙しくて、自炊している暇がありません。

栄養バランスが偏り、健康面で不安を感じる人も多いです。

しかし、社員寮の食堂なら栄養バランスのある食事ができるため、健康が保たれます。

また、食費も低コストなので、自炊したり、外食したりするよりも安いです。

健康的でリーズナブルな食事がしたい人にも、社員寮がおすすめといえます。

大浴場が利用できる

社員寮は、ただで大浴場が利用できます。

お風呂の環境も整備されており、仕事で疲れた身体を癒せます。

仕事が忙しいと、時間がないため、湯船につからない人も多いです。

社員寮であれば、お風呂は毎日入れて、リラックスできます。

掃除も業者か当番制で毎日することもないので、忙しい人にも安心です。

さらに衛生環境も安心できますので、清潔なお風呂に入れます。

社員の人と交流が深められる

社員寮は、社員の人たちと交流が深められます。

同じ会社の人と一緒に住むのは大きなメリットです。

例えば、初めて仕事する人は不安でしかたありません。

また、一人暮らしする人も同じく、上手く生活できるか心配です。

社員寮であれば、同じ会社で働く人たちのため、優しい先輩や同僚と過ごせます。

同じ経験をしてきた人ばかりなので、アドバイスしてくれる先輩も多いです。

生活に慣れてきたら、先輩や同僚とご飯を食べたり、遊んだりするケースが増えます。

信頼できる人なら郵便物を預かってくれるなど助けてもらえます。

会社で働く上で社員の人たちと交流が深められることは、大きなメリットです。

中広告1中広告2

社員寮を利用するデメリット

社員寮を利用するには、デメリットもあるので参考にしてください。

ルールやマナーがある

社員寮にはルールやマナーがあります。

規則の内容によっては、生活が快適にならないからです。

また、共有のスペースや喫煙など生活にもルールがあります。

集団生活のため、ルールやマナーを守らなければなりません。

学生寮のような、厳しいルールではありませんが、緩いルールがあると思っておくべきです。

古くて汚い場合もある

社員寮は古くて汚れている可能性もあります。

数十年以上前に建てられた社員寮もあり、狭くて暗い部屋もあります。

定期的にメンテナンスしている社員寮もありますが、古くて故障が多いです。

また、トイレやお風呂が共有だと、少し汚れが目立つケースもあります。

汚れがひどいと快適な生活もできないため、ストレスが溜まりやすいです。

社員寮を利用する人は、あらかじめ住むところを確認しておくといいでしょう。

友人や知人を呼べない

社員寮に友人や知人を呼べない可能性もあります。

会社が所有している寮であり、共同生活のため部外者を入れるのは難しいです。

例えば、友人を社員寮に呼んだとして、騒いだりすると周りに迷惑を掛けます。

社員寮は他の会社の人も住んでいるため、配慮しなければなりません。

また、社員寮によっては防犯対策として、部外者を入れないようにしているところもあります。

通常のアパートやマンションに住めば、友人や知人を呼んでも問題はありません。

友人や知人などと遊ぶ機会が多い人は少し不便といえます。

家族に影響がでる可能性

社員寮は家族にも影響を与える場合があります。

同じマンションに住んでいると、社内の上下関係が生活にも現れるからです。

例えば、先輩が同じマンションに住んでいると、生活でも気にしなければなりません。

騒いだりすると、先輩に目をつけられて、仕事に影響を与える可能性があります。

自分だけでなく、家族の行動も見られてしまうので、周りを気にしなければなりません。

同じマンションに家族で住むと、家族まで会社の人に気を遣う必要があります。

通常のマンションなら周りは知らない人なので、最低限のマナーを守るだけです。

家族に影響を与えるのはデメリットといえます。

社員寮に向いている人

ここでは、社員寮に向いている人を紹介していきますので、参考にしてください。

生活費を抑えたい人

生活費をとにかく抑えたい人は、社員寮が向いています。

家賃の一部や水道光熱費も負担してくれるため、生活費が抑えられるからです。

確保したお金を将来のために貯金したり、趣味に使用したり、選択肢は豊富です。

生活費を抑えて、他にやりたいことがある人は、社員寮が最適といえます。

プライベートな時間を増やしたい

食堂付きなら自炊しなくてもいいですし、社員寮は職場から近いことが基本です。

通勤時間を最小限に抑えることもできますし、時は金なりとも言います。

プライベートな時間が増えると、本当にやりたかったことに時間を割けます。

一人暮らしが不安な人

一人暮らしが不安な人は社員寮が向いています。

社員寮は同僚や先輩もいるので安心できるからです。

周りの人を知っていれば、生活のアドバイスもしてくれます。

一人暮らしは何かしら不安に感じることが多いです。

少しでも一人暮らしの不安を減らしたい人は、社員寮が向いています。

集団生活が平気な人

集団生活が平気な人は、社員寮が向いています。

社員寮は規則やルールが多いからです。

例えば、社員寮は門限があるため、規定時間までに帰らなければなりません。

規制やルールが多いと少し不自由に感じる人もいます。

また、共同スペースがあれば、掃除当番などが回ってくる可能性が高いです。

集団生活のルールや規制はさまざまですが、平気な人は社員寮が向いています。

社員寮に向いていない人

ここでは、社員寮に向いていない人を紹介していきますので、参考にしてください。

自分だけの時間が欲しい人

自分だけの時間が欲しい人は、社員寮には向いていません。

共同生活は一人だけの時間を確保するのは難しいからです。

例えば、仕事を終えて帰宅しても、同僚や先輩など同じ会社の人がいます。

一人でゆっくりしたくても、先輩に呼ばれたり、当番が回ってきたり、忙しいです。

自分だけの時間が確保できないと、プライベートも充実しません。

やりたいことができないと、ストレスが溜まる人もいます。

そのため、自分だけの時間が欲しい人は、社員寮は向いていないでしょう。

マイペースな人

規則やルールを定めている社員寮が多く、社員寮では、食事や洗濯物をする時間もルールで決まっています。

マイペースな人は時間を無視して使用する人もいますが、ルール違反です。

規則を守らないと、何かしら罰則を受けることになります。

時間や規則に対して、マイペースな人は、ストレスと感じやすいです。

ストレスを溜めない対策

社員寮ではストレスを溜める人も少なくはありません。

ここでは、社員寮でストレスを溜めない対策を紹介していきますので参考にしてください。

休日は外でリフレッシュ

社員寮は、自分が出す声などの音に敏感になりやすいため、ストレスが溜まります。

そのため、休日は外でリフレッシュすることをオススメします。

外で運動したり、買い物に出かけたりするなど自分の好きなことをやりましょう。

いいところに目を向ける

「いいところに目を向ける」ことが出来れば、人生の幸福度が上がるとも言います。

社員寮だけに、ルールやマナーがあったり、共有スペースや古さが目立ってしまいがちです。

ただ、社員寮は「自炊しなくていい」「家賃や水道光熱費が安い」などのいいとこがたくさんあります。

ネガティブ思考だと、快適な生活はできません。

社員寮で快適な生活を過ごすには、いいところに目を向けるようにしましょう。

あらかじめ設備を確認しておく

社員寮でストレスを溜めないためにも、設備などをあらかじめ確認しておきましょう。

設備が古かったり、部屋が汚かったりすると、生活も快適ではありません。

社員寮の利用を考えている人は、あらかじめ設備やルールなどを確認しておくのがおすすめです。

まとめ

今回は、社員寮ってどんな感じかを解説してきました。

社員寮は、ワンルームだけでなく種類も豊富です。

食堂付きなら、自炊しなくてもいいので食費を抑えられます。

社員寮は会社が家賃を一部負担してくれて、水道光熱費も抑えられるので生活費を抑えたい人にはおすすめです。

ただ、共同生活なため、プライベート時間が確保できなかったり、ルールやマナーが厳しかったりします。

そのため、社員寮でストレスを抱えている人も多いです。

少しでもストレスを溜めないためにも上述で紹介した対策を参考にしてください。

スタッフのご紹介

大山 拓夢

[ プロフィール ]

大阪出身
製造業界経験3年
派遣業界に強い

[ 職務経歴 ]

採用マーケティングチーム
・Webディレクター
・Webライター
・原稿管理
・出稿管理など

 

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】