要領がいい人=頭がいい?【悪い意味とメリットデメリットについて】

要領がいい人といえば、頭がいい人というイメージがあるでしょう。

しかし、一方では自分勝手であり、器用貧乏であるといった悪いイメージもつきまといます。

本記事では要領がいい人のメリット・デメリットや悪い意味などについて解説します。

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】
月収42万円・祝金111万円など

要領がいい人とは?

要領がいい人の特徴を紹介します。

優先順位の高いものからこなす

要領がいい人は仕事を最短でこなそうとします。

そのために、これからやるべきことの優先順位をつけるのが上手いのが特徴です。

全体像を捉えて、何から手をつけるべきかすぐに理解します。

複数の仕事を依頼されたとしても、優先順位をつけて効率的に仕事を進められるのです。

必要であれば他人を頼る

要領がいい人は、変なプライドを持っておらず、必要であればすぐに他人を頼ります。

周囲の人の能力をよく理解しており、誰に相談すれば問題を解決できるか把握しているのです。

そのため、必要なタイミングですぐに他人を頼り、サポートを受けながら仕事を進めます。

自分の力だけで物事を解決することにこだわりはありません。

自分の長所と短所を理解している

自惚れることがなく、自分の長所と短所を正確に理解しています。

そのため、目の前に与えられた業務について、どのくらいの時間がかかるのか正確に見積もることができるのです。

また、自分が苦手なことについては、積極的に周りの助けを求めます。

自分のキャパシティを理解しているため、仕事を引き受けすぎてしまうことはありません。

自分の能力を考えて、どの程度の量であれば問題なく引き受けられるのか把握しています。

要領がいい人=頭がいい?

要領がいい人は頭がいいと評価されやすく、物事を最短時間でこなすことができます。

物事の全体像を見通し、目の前にあるタスクの優先順位を正確につけて、効率的に作業を進められるのです。

効率よく仕事を進めることは、頭の悪い人にはできません。

したがって、要領がいい人は確かに頭がいいといえるでしょう。

頭が悪い人には、要領がいい人の立ち回りを真似することはできません。

中広告1中広告2

要領がいい人の悪い意味

要領がいい人は悪い意味で使われる場合もあります。

要領がいい人の悪い意味を紹介しましょう。

ずる賢い

要領がいい人はずる賢いと思われやすいです。

本人としては、物事の本質を見極め、優先順位をつけ、効率的に仕事を進めています。

しかし、要領がいい人の頭の中を理解できない人は、何かずるをして仕事を早く終えていると考えるのです。

「卑怯な手段で仕事の手を抜きながら仕事を進めている」と邪推されてしまい、ずる賢いと思われます。

要領がいい人という表現に、ずるい人というニュアンスが含まれるケースがあるのです。

実力がない

遠回しに、実力がないことの嫌味として使うケースがあります。

要領がいい人は確かに仕事を素早く終わらせることが可能です。

しかし、単に仕事を終わらせるだけであり、何も新しい価値をもたらさないというニュアンスが含まれる場合があります。

何も新しいものを生み出せず、大きな仕事ができない人であると侮蔑した表現として、要領がいいと表現されることがあるのです。

また、たまたま運よく仕事を終わらせることができただけというニュアンスで、要領がいいと言われる場合があります。

この場合は、実力がないけど偶然仕事ができたという嫌味を込めた意味で使われているのです。

努力をしない

要領がいい人は、努力をしない人という意味で使われる場合があります。

もちろん要領がいい人も、仕事を早く終わらせるための努力をしているものです。

しかし周りからすると、できるだけ楽に仕事を進めるために終始していて、自分の能力を高める意識がないと見られます。

仕事のスキルや知識の向上をする意識が低いという意味で、要領がいい人と評価される場合があるのです。

中広告1中広告2

要領がいい人のメリット

要領がいいことにどんなメリットがあるのか紹介します。

仕事の段取りが良い

要領のいい人は物事の本質を見極め、優先順位を正しくつける能力を持っています。

そのため、仕事の段取りが良いというメリットがあります。

例えば、多くのタスクが存在するプロジェクトを進めるときにも、要領がいい人がいれば無理のないスケジュールを組めます。

複数の仕事を依頼された時も、要領のいい人は優先順位を把握して、効率的なスケジュールを組めるのです。

要領のいい人が現場にいれば、難しいプロジェクトでも納期に間に合わせることができます。

適度に手を抜ける

仕事をする際に適度に手を抜けるのがメリットです。

仕事をさぼるというわけではなく、影響がない範囲で程よく手を抜けます

常に全力で仕事に取り組むのではなく、気を抜ける場面ではセーブすることができるのです。

適度に手を抜くことで、いざというときには、気力を充実させて全力で取り組めます。

心身の疲れを上手くコントロールすることができ、過労で倒れるといったことはありません。

そのため、要領がいい人は戦力として計算しやすい点が評価されやすいでしょう。

緊急時に慌てずに対応する

要領がいい人はどのような状況にも柔軟に対応できるのが特徴です。

不測の事態が起きたとしても慌てることはありません。

今何をすべきか理解しており、最善の解決策を図ることができます。

例えば、急に仕様が変更になったとしても、冷静に対処できるのが要領のいい人です。

要領がいい人は、急な仕事が入ったとしても問題ありません。

常に余裕を持ったスケジュールを組み立てています。

クライアントの都合で納期が早まったとしても、問題なく納期に間に合わせることができるのです。

出世しやすい

要領がいい人は、常に仕事で一定以上の成果を上げることができます。

大きな成果を上げることができなくても、期待された通りの仕上がりで仕事を終えることができるのです。

また、要領がいい人は仕事で遅れることはありません。

納期に間に合わなかったといった事態を、絶対に避けるのが要領がいい人の特徴です。

そのためクライアントからも、上司からも信頼されやすいでしょう。

労働力として信頼しやすく、現場に欠かせない人材として好意的に評価されます。

要領がいい人は、上司からは好かれやすいため、正当に評価され、出世しやすいのがメリットです。

プライベートが充実している

定時で仕事をしっかりと終わらせることができます。

残業は無駄な時間だと考えており、定時までにその日の仕事が完了するように逆算してスケジュールを立てています。

そのため、要領がいい人は定時で家に帰り、充実したプライベートを過ごせるのがメリットです。

自分の時間をたくさん持つことができ、常に心身をリラックスさせてリフレッシュした状態でいられます。

コミュニケーション力が高い

要領がいい人は、コミュニケーション力が高い傾向にあります。

自分だけでは解決できない仕事については、周りの力を積極的に借りるタイプの人が多いです。

周りとコミュニケーションを取りながら、仕事で必要な知識や情報などを上手く聞き出します。

また、余計なトラブルを避けるために、周りと良好な関係を築ける人も多いです。

職場では上手く立ち回り、波風が立たないように努めています。

要領がいい人のデメリット

要領がいい人にはデメリットも存在します。

どんなデメリットがあるのか紹介しましょう。

器用貧乏

どんなことでもそつなくこなす器用さを持っているのですが、何かに秀でているわけではありません。

そもそも、特定の分野で突出した実力を持っている人は要領がいいと評価されないものです。

特に秀でたものがなくても、平均的に優れた人は要領がいいと評価される傾向にあります。

要領がいい人は、他人に自慢できるような特技や武器のようなものを持っておらず、器用貧乏で終わる場合も多いです。

イライラしてしまう

要領がいい人は、周りのことをよく見ているケースが多いです。

観察眼に優れていて、他人が気づかないような点にまでよく気づきます。

そのため、周りの人達のミスや不注意などが目に付きやすいです。

ありえないミスや間違いをしている人がいると、イライラするケースがあります。

例えば、効率の悪い仕事の仕方をしている人が同僚にいると、自分にまで影響するため、ストレスを感じることが多いです。

他人に任せるよりも、すべて自分で担当した方が早いと感じます。

そのため、要領がいい人は管理者にはあまり向いていません。

要領が悪い人に寄り添うことができないからです。

妬まれやすい

要領がいい人は、本気で仕事をしていないのに効率的に業務をこなし、一定以上の成果を上げています。

そのため、要領がいい人は周りから評価されやすく、妬まれる原因にもなるのです。

人によっては、あまり努力をしていないにもかかわらず結果を出しているように見えます。

そのため、一生懸命仕事をしていて結果が出ない人からは憎らしい存在と認識されるのです。

また要領がいい人は、他人のミスや間違いに気づきやすく、つい指摘してしまう傾向にあります。

要領がいい人から何度も注意を受けると、当てつけのように感じられるでしょう。

他人の揚げ足ばかり取るなどと思われ、妬まれてしまいます。

長期的に取り組むことができない

要領がいい人は、何でも短時間でこなすことが良いと考えています。

特に仕事はお金を稼ぐための手段であり、真剣に取り組むのは馬鹿らしいとさえ考えている人も多いです。

そのため要領がいい人は、何かについて時間をかけてじっくりと取り組むことはしません。

時間をかけるだけの価値があると考えないからです。

常にコストパフォーマンスを重視して行動しているため、長く時間をかけて取り組むことに価値を見出しにくいです。

すぐに諦める

自分の能力や素質を把握しており、無駄な努力を避ける人が多いです。

そのため、限界まで頑張ってチャレンジすることはありません。

高みを望むことはなく、実現困難なことは最初から諦めてしまいます。

要領がいいからこそ、リスクのある行動は避けたがり、ハイリスクハイリターンなことは最初から選択肢にありません。

常に無難な選択を好むため、つまらないと思われやすいです。

付き合い方のコツ

要領がいい人と付き合っていく際のポイントを紹介します。

素直に能力を認める

要領のいい人を見ると、妬ましい気持ちを抱く人は多いです。

しかし要領のいい人は、実際に能力があるからこそ要領よくなんでもこなすことができます。

要領のいい人は、他の人にはない優れた能力を持っていると素直に認めましょう。

相手を妬んでも、得るものは何もありません。

要領がいい人を見習う

要領がいいことは、結果的に周りから評価されやすく、昇進もしやすいです。

したがって、要領がいい人の働き方は1つの理想といえます。

しっかりと観察して、見習うべき部分は積極的に見習いましょう。

要領がいい人の、良い部分のみを自分の働き方に取り入れると良いです。

そうすれば、より良い働き方が可能になります。

油断をしない

抜け目のない部分があるので、他人の仕事の成果を横取りするようなこともあるのです。

少ない労力で大きな成果を得たいと考えるタイプのため、他人の仕事を手伝って自分の成果のように上司へ報告するケースもあります。

人当たりが良くて、尚且つ要領のいい人がいる場合は、油断をすると足元をすくわれることもあるため注意しましょう。

影響がないならば気にしない

要領がいい人が周りにいても、あなたの仕事などに何の影響も与えないケースがあります。

あなたに影響しない相手であれば、要領がいい人のことはあまり気にしすぎない方が良いでしょう。

例えば、100%の力を出さないことにイライラするケースがあるかもしれませんが、働き方は人それぞれだと考えるのです。

要領がいい人のことを気にすると、妬んだり、自分の能力のなさに落ち込んだりする可能性があります。

マイナスの感情が湧いてくる可能性があるため、要領がいい人についてスルーすることも大事です。

まとめ

要領がいい人は、効率的に仕事を進められる点がメリットです。

しかし、ずる賢いなどマイナスのイメージを持たれることもあります。

要領がいい人が結果を出していることは事実のため、良い点は参考にした方が良いでしょう。

要領が悪いと頭を悩ませている方は、「要領が悪いから生きづらいあなたへ。【シンプルな改善方法】」を参考にしましょう。

スタッフのご紹介

大山 拓夢

[ プロフィール ]

大阪出身
製造業界経験3年
派遣業界に強い

[ 職務経歴 ]

採用マーケティングチーム
・Webディレクター
・Webライター
・原稿管理
・出稿管理など

 

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】