工場でよく使う工具ってどんなものがあるの?使用経験有無と合否の関係性についても紹介します!

工場でよく使われる工具ってどんなものがあるのか疑問を抱く人もいるでしょう。

工場で働きたいと思っている人の中には、工具の使用経験有無が合否に関係あるのか気になる人もいるかもしれません。

本記事は、工場でよく使う5つの道具から使用経験で活かせる能力まで詳しく解説します。

使用経験の有無と合否の関係性も紹介しますので、参考にしてください。

この記事を読むことで、工場で使用される工具が理解でき、働くときに役に立つでしょう。

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】
月収42万円・祝金111万円など

工場でよく使われる工具ってどんなもの?

ここでは、工場でよく使われる工具がどんなものか紹介します。

  • 工具とは
  • 治具との違い

 

工場で働きたい方は、よく使用される工具を理解しておきましょう。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

工具とは

工具とは、製造や生産過程で使用されるさまざまな道具や機械です。

製品の組み立て、加工、検査、メンテナンスなどの作業に利用されます。

工具は、作業を迅速かつ効果的に行うために設計され、さまざまな作業に対応するため特定の目的に合わせて作られています。

ハンマーやドリルなど、製造過程の各段階で使用され、製品の製造を効率的かつ精密に行うために欠かせないものです。

治具との違い

治具とは、製造過程において固定された製品を保持し、正確な加工を可能にするための装置です。

たとえば、作業中に製品がずれたり、歪んだりしないように固定するために使用されます。

治具を使用することで、高品質な製品を生産できます。

つまり、工具は作業者が手で操作するための装置であり、治具は製品や材料を固定し、正確な処理を可能にするための装置です。

工場で良く使われる工具5選

ここでは、工場でよく使われる工具を5つ紹介します。

  • ペンチ
  • ドライバー
  • プライヤー
  • ニッパー
  • スパナ・レンチ

 

工場で働きたい人は、よく使われる工具を最低5つは理解しておきましょう。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

ペンチ

工場でよく使用される工具として、ペンチが挙げられます。

ペンチは工場や作業現場で、多様な用途に対応し、異なる作業に柔軟に対応できる道具です。

たとえば、ペンチは異なる形状や機能を持つ種類があり、特定の作業に適しています。

操作方法も簡単で、作業者が迅速かつ正確に作業が可能です。

ペンチは手軽に使える道具でありながら、幅広い作業に対応できるため、工場や作業現場で重宝されています。

ドライバー

工場でよく使用される工具は、ドライバーです。

ドライバーはさまざまな形状やサイズがあり、異なる種類のねじやボルトを締めたり緩めたりするのに使用されます。

ボルトやねじは製品の組み立てや修理、メンテナンスに欠かせない部品です。

ドライバーなら有効的に対応することが可能でしょう。

操作方法もシンプルで、押し込んで回すだけで使用できるため、作業者は迅速な作業が可能です。

ドライバーは手軽で使いやすい工具であり、工場での日常的な作業において欠かせないものです。

プライヤー

プライヤーとは、工場や作業現場で広く使用される便利な工具であり、異なる作業に適しています。

たとえば、アジャストプルプライヤーは、ボルトやナットを緩めたり締めたりに使用できます。

プライヤーは多様な作業に対応できる手工具です。

工場での日常的なメンテナンスや製造過程において重宝されています。

ニッパー

ニッパーは電線やワイヤーなどの切断に使用され、その他の用途にも適しています。

ニッパーは小型で軽量な道具であり、狭いスペースでの作業でも使いやすいです。

電気工事や製造業、電子機器の製造など、幅広い産業分野で使用されています。

スパナ・レンチ

工場でよく使用される工具は、スパナやレンチです。

ボルトやナットの締め付けや緩めるのに使用され、機械のメンテナンス作業などで重要な役割を果たします。

スパナやレンチはさまざまなサイズや形状があり、異なる種類のボルトやナットに対応できます。

可変式やセットになっているものもあるため、使用用途も豊富です。

スパナやレンチは、製造ラインやメンテナンスで広く使用されています。

工場で良く使われる工具の名前を覚えるコツ

ここでは、工場で良く使われる工具の名前を覚えるコツを紹介します。

  • 実際に触れてみる
  • ラベルやタグを活用する
  • 視覚からのヒントを活用する
  • 工具の用途を理解する
  • 工具をカテゴリ別に分類する

 

工場で働きたい人は、工具の名前を早く覚える必要があり、コツを理解しておけば、業務もスムーズに進められます。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

実際に触れてみる

工場でよく使われる工具の名前を覚えるコツは、実際に触れてみることです。

物理的な触覚の経験があると、工具の形状や質感、重さなどが記憶に残りやすくなります。

たとえば、その工具はどのように感じられ、どのように使われるか体験することで、視覚や触覚による記憶が強化されます。

実際に触れることが工具の名前を覚えるために効果的な手段です。

見た目や材質、持った感覚を通じて、記憶がより深く定着します。

ラベルやタグを活用する

工具に対してそれぞれ名前をラベルやタグで表示することで、名前を認識しやすくなります。

たとえば、ラベルやタグを使用すると、その工具がどこに収められているのかがわかりやすく、整頓が容易です。

ラベルやタグを活用することで、工場での工具の名前を効果的に覚え、整理や管理ができます。

視覚からのヒントを活用する

工具ごとに特徴的な形状があり、視覚的なヒントとなります。

たとえば、ハンマー、ドライバー、プライヤーなど異なる形状を持っています。

同じ種類の工具でも色で覚えておけば、視覚的な区別がしやすいです。

視覚的なヒントを活用することで、工場でよく使われる工具の名前を効果的に覚えられます。

工具の用途を理解する

工場の作業現場で、各工具がどのような作業に使われているかを観察してみましょう。

実際の作業を通じて工具の用途を理解しやすいです。

似たような機能や形状を持つ工具を比較することで、それぞれの違いや特徴が理解できます。

工具の用途を理解することで、名前が覚えられます。

工具をカテゴリ別に分類する

工具を共通の特徴や作業用途、形状に基づいて分類します。

たとえば、組立工具、調整工具、切断工具などのカテゴリが考えられます。

各カテゴリ別に工具の名前や特徴を覚えるようにしましょう。

工具をカテゴリ別に分類することで、視覚的に整理され、理解しやすいです。

\中広告1中広告2

工具の使用経験の有無が工場の採用合否との関係性

ここでは、工具の使用経験の有無が工場の採用合否に関係するかを紹介します。

  • 経験があれば即戦力として採用される
  • 未経験でもアピール次第で採用確率が上がる

 

工場で働きたい方は、工具の使用経験が活かせるかどうか判断しておきましょう。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

経験があれば即戦力として採用される

工具の使用経験があれば、工場の即戦力として採用される可能性があります。

工具の使用経験は、具体的な技術的スキルを持っていることを示せるからです。

たとえば、工場では危険を伴う作業があります。

工具の使用経験があると、安全な作業環境を維持するための基本的なルールに慣れており、安全意識も高い可能性があります。

使い方を知っていると、作業が効率良く進められ、生産性も向上します。

工具の使用経験は、履歴書や面接でアピールできます。

具体的なスキルや経験を示すことで、工場は即戦力として高く評価されるでしょう。

未経験でもアピール次第で採用確率が上がる

工具の使用が未経験でも、アピール次第で採用確率が上がる可能性があります。

使用経験がなくても、新しいスキルや知識を習得する意欲を示すことが重要です。

たとえば、工場の職種に関連する学習やトレーニングを受けているとアピールできます。

また過去の経験から工場の仕事にどのように役に立つか示すことも大切です。

アピールポイントを強化し、学習意欲や関連スキルを積極的に伝えることで、未経験者でも工場での採用確率が高められます。

ただし、工具の使用経験が全くない場合でも問題ないという工場や求人も多く存在しますので、

使用経験がないからとあきらめる必要はありません。

***

関連記事:「経験者優遇」=未経験はダメ?

工具の使用経験がある人の活かせる能力

ここでは、工具の使用経験がある人の活かせる能力を紹介します。

  • 技術的スキル
  • 手先の器用さ
  • トラブル時の問題解決能力

 

工具の使用経験があり、工場で働きたい人は、活かせる能力を理解しておきましょう。

面接でも活かせるため、参考にしてください。

技術的スキル

機械や機器を正しい手順で操作できるスキルを持っていると、製品や部品を正確な組み立てたり加工することができます。

技術的スキルを持つ人は、工場内での作業に対しての安全意識も高く、事故やケガを最小限に抑えられる可能性があります。

技術的なスキルは、製造業や工場での仕事において重要な要素です。

工具の使用経験があり、工場で働きたい方は、技術的スキルをアピールしましょう。

手先の器用さ

工場では作業環境が悪い場所でも、微細な部品や機械の操作を正確に行う必要があります。

たとえば、機械のメンテナンスなど狭い環境でも柔軟に対応し、修理や整備を行います。

手先の器用さは、工具を使った作業や製造業務において重要なスキルです。

細かな作業や精密な操作を行い、品質や効率を向上させます。

トラブル時の問題解決能力

機械や装置が故障した場合でも即座に対処し、修理作業が始められます。

またトラブルを予防するために、装置や機械の定期的なメンテナンスが必要です。

工具の使用経験があると、定期的な点検や保守作業を実施し、トラブルを未然に防げます。

トラブル時の対応力は、工場や製造業の現場で重要なスキルです。

迅速で効果的なトラブルを解決できることは、生産性や効率性を向上させます。

工場で働きたい人が知っておきたい役立ち資格

ここでは、工場で働きたい人が知っておきたい役立つ資格を紹介します。

  • 危険物取扱者乙種4類
  • フォークリフト運転免許
  • 機械加工技能士

 

工場で働きたい人は、役立つ資格を知っておくと面接時にも有効活用できます。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

危険物取扱者乙種4類

工場で働きたい人が持っていると役に立つ資格は、危険物取扱者乙種4類です。

資格を持つことで、特定の危険物に関する専門知識が習得できます。

危険物取扱者乙種4類の資格を習得すれば、危険物取り扱い方法、保管方法など適切な手順で実施できます。

工場では危険物を取り扱うことが多く、危険物取扱者乙種4類です。

受験資格は特に指定がないため、未経験からでも挑戦できます。

工場以外にもガソリンスタンド、ビルの管理など幅広く活用できるため、興味のある方はチャレンジしてみましょう。

フォークリフト運転免許

フォークリフトは大量の部品や重い荷物を効率的に移動できるため、工場内での物流や倉庫作業において役立ちます。

運転免許を持つことで、部品の迅速かつ効率的な取扱いが可能です。

フォークリフト運転免許を取得するには、登録教習機関で行われる「フォークリフト運転技能講習」を受講し、修了する必要があります。

免許を取得する条件は18歳以上であることのみです。

未経験者からでもチャレンジできるため、工場で役立つ資格を取得したい方は、フォークリフト免許を検討してみましょう。

機械加工技能士

製造業務において機械を効果的かつ正確に操作し、製品の生産性を向上させられます。

機械加工技能士の資格は、製造業や工場でのキャリアを築く上で価値があります。

等級も3級・2級・1級・特急と4段階に分かれており、3級は初心者向けです。

受験資格は各等級によって異なりますが、実務経験を積む必要があります。

工場でのキャリアアップを考えるなら、機械加工技能士の取得がおすすめです。

まとめ

工場でよく使われる工具は、製造や生産過程で使用される道具や機械です。

工具の使用経験があれば、面接時にもアピールできるため、即戦力として採用される可能性があります。

使用経験がなくても、過去の経験から工場で業務に活かせる能力を探し、適切にアピールすれば、採用確率は高まります。

工場で使用される工具の名前を早く覚えたい方は、先ほど紹介したコツを参考にしてください。

工具の名前や特徴、用途をしっかりと覚えれば、作業がスムーズに進められるでしょう。

大山 拓夢

[ プロフィール ]

大阪出身
製造業界経験3年
派遣業界に強い

[ 職務経歴 ]

採用マーケティングチーム
・Webディレクター
・Webライター
・原稿管理
・出稿管理など

 

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】