【給料前払いシステムについてご紹介 】派遣の場合の使い方やルールも解説いたします

派遣でも給料の前払いができるのか気になる人も多いでしょう。

結論から言うと、派遣社員でも給料前払いシステムが利用できます。

ただし、ルールや使い方を考慮しておくことが大切です。

本記事は、給料前払いシステムのルールや使い方を詳しく解説します。

また派遣社員が給料前払いシステムを利用する際の注意点を紹介していますので、参考にしてください。

この記事を読むことで、派遣の給料前払いシステムが理解でき、緊急時にもスムーズに活用できるしょう。

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】
月収42万円・祝金111万円など

派遣の給料前払いシステムは利用できる?

ここでは、給料前払いシステムは利用できるのかを紹介します。

  • 給料前払いシステムとは
  • 「前払い」と「前借り」の違い

基本知識を紹介しますので、給料前払いシステムを利用したい方は、把握しておきましょう。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

給料前払いシステムとは

給料前払いシステムは、従業員が給料支払い日よりも前に一部または全額給与を受けられる仕組みです。

給料前払いシステムは、従業員の緊急な支出にも対応できるよう導入される場合があります。

たとえば、急な医療費や予想外の出費が発生した場合、給料前払いシステムを利用することで、給与日を待たずに必要な資金が入手できます。

給料前払いシステムは、企業が従業員の生活の質を向上させ、労働力の満足度を高めるための手段といえます。

「前払い」と「前借り」の違い

前払いと似たような用語で「前借り」があります。

「前借り」とは、給料日前に予定される給与を企業から借りることです。

しかし、給与の前借りは労働基準法が定めている規定に違反する可能性があります。

派遣会社は、労働期間以外の給料に対しては支払い義務がないため、企業からの前借りは難しいです。

緊急時に資金が必要な場合は、給料の「前払い」を検討しましょう。

派遣が知っておきたい給料前払いシステムのルールと使い方

ここでは、派遣社員が知っておきたい給料前払いシステムのルールと使い方を紹介します。

  • 緊急時の前払いは法律上で認められている
  • 将来の給与を前払いすることはできない
  • 給料前払いは派遣会社に相談する

ルールと使い方を知れば、給与前払いシステムをスムーズに使えます。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

緊急時の前払いは法律上で認められている

そもそも給料前払いシステムのルールは、緊急時の前払いは法律で認められています。

法律上で認められているため、緊急時に前払いを活用できます。

労働基準法第25条では、以下のように定められています。

“労働基準法第25条では、労働者が、出産、疾病、災害等の非常の場合の費用に充てるために請求する場合は、賃金支払期日前であっても、使用者は、既に行われた労働に対する賃金を支払わなければならないと定められています。”

参照:厚生労働省

このように労働基準法で定められているため、緊急時は企業に相談することで、対応してくれるでしょう。

将来の給与を前払いすることはできない

派遣が知っておくべきことは、将来の給与を前払いできないことです。

将来の給与を前払いすることは、法律違反になる可能性があります。

労働基準法17条では、給与の前払いに関して以下の通り説明しています。

“使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。”

参照:e-GOV

将来の給与は、まだ働いていないため、第17条に触れる可能性があります。

将来の給与を前払いで支給してほしいという方は、企業に確認してみてはいかがでしょう。

給料前払いは派遣会社に相談する

給料前払いは派遣会社に相談するとよいでしょう。

派遣会社によってルールや使い方が異なる可能性があり、確認しておくと柔軟に対応できます。

給料前払いシステムが利用できない企業もあれば、できる会社もあります。

条件や費用も異なるため、確認しておくと、手続きがスムーズに進められるでしょう。

前払いシステムを相談するときは、積極的に質問を行い、適切な情報を得ることが大切です。

派遣が給料前払いシステムを利用するメリット

ここでは、派遣が給料前払いシステムを利用するメリットを紹介します。

  • 緊急時に対応できる
  • 金銭面のトラブルが解決できる
  • 利息がかからず借りられる

派遣社員の方で給料前払いシステムを利用したい方は、メリットを把握しておきましょう。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

緊急時に対応できる

派遣が給料前払いシステムを利用するメリットは、緊急時に対応できることです。

急な支出や急な経済的なニーズに迅速に対応できるため、派遣社員はお金の心配を必要以上にすることなく、仕事にも集中しやすいです。

たとえば、家庭の急な出費、交際費、医療費など急な支出でも対応できます。

労働者は経済的な不安から解消されるため、業務に対してモチベーションが維持しやすいです。

ただし、給料前払いを行うときは、法律や契約条件を遵守する必要があります。

金銭面のトラブルが解決できる

給料前払いシステムを活用することが、ゆくゆくは派遣社員自身の信用度を高めることにつながるかもしれません。

たとえば、病気になって支払いが困難になると、派遣社員自身の社会的信用が損なわれるかもしれません。

しかし給料前払いシステムを利用すれば、支払いに間に合うため、社会的信用は守られます。

金銭面のトラブルが解決することは、派遣社員の生活や労働環境を改善し、安心して仕事に取り組めることにつながるでしょう。

利息がかからず借りられる

給料日に支給される給与を事前に受け取るため、追加で発生する利息は発生しない可能性があります。

たとえば、金融機関や消費者金融でお金を借入れすると金利が発生し、返済に追加で金利分を支払う必要があります。

しかし給料前払いシステムは利息が発生しないため、派遣は緊急時でも気軽に利用できます。

ただし、企業によってルールが異なる可能性もあるため、事前に確認しておくことが大切です。

派遣が給料前払いシステムを利用するデメリット

派遣が給料前払いシステムを利用するデメリットは以下の通りです。

  • 給料が減ってしまう
  • 手数料が発生する
  • 前払いが常習化する

給料前払いシステムを利用したい方は、デメリットを考慮しておくことが大切です。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

給料が減ってしまう

当たり前の話ではありますが、給料日に支給される額を前払いで受け取るため、通常の給与が減少します。

前払いで給与が差し引かれることで、生活費の管理が難しくなるかもしれません。

前払いを利用する場合は、将来的な支出や必要経費を考慮して慎重に判断する必要があります。

また前払いシステムを利用したときは、給料日に支給される額がいくらになるか確認しておくと、柔軟に対応できるでしょう。

手数料が発生する

通常業務に対してイレギュラーな対応となるため、事務手数料や振込む手数料を支払う必要があります。

給料前払いシステムを利用することは、経理や人事部などの業務に負担を与えるかもしれません。

事務手数料以外にも振込手数料も自己負担なので、若干のコストがかかります。

給料前払いシステムを利用したい方は、コストが発生することを考慮しておきましょう。

発生する手数料は企業によって異なる可能性があるため、事前に人事部や経理部に確認しておくことが大切です。

前払いが常習化する

派遣が給料前払いシステムを利用するデメリットは、前払いが常習化することです。

給料前払いを常習化すると、通常の給与日に十分な給与が残っていない可能性があります。

給料前払いシステムは緊急事態への対応に役立つ一方で、慎重に管理しないと、経済的な依存やトラブルを引き起こす可能性があります。

給料前払いシステムを検討したい方は、慎重かつ計画的に利用することが大切です。

中広告1中広告2

給料前払いシステムを利用前にやるべきこと

ここでは、給料前払いシステムを利用する前にやるべきことを紹介します。

  • 派遣会社や周りに相談してみる
  • 理由を正直に伝える

給料前払いシステムを利用したい方は、事前にやるべきことを考慮しておきましょう。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

派遣会社や周りに相談してみる

給料前払いは条件が設けられている場合もあり、確認する必要があります。

相談を通じて、派遣会社が設けているルールや使い方について理解できます。

給料前払いシステムの利用は慎重に検討するべきです。

同じ派遣会社で働く同僚や先輩に給料前払いに関する経験や意見を聞くことも役立ちます。

実際の利用者の意見や経験を知ることで、良い点や注意すべき点が理解できるでしょう。

派遣会社や周りの人との相談を通じて、自身の状況に適切な選択を見つけることが大切です。

理由を正直に伝える

前払いシステムを使用する理由は基本的に報告する必要はありません。

しかし何か悪い嘘をついて給料前払いシステムを利用することで、企業との信頼関係が損なわれるかもしれません。

給料前払いを希望する理由が明確であれば、派遣会社が状況を理解し、必要に応じて迅速にサポートを提供してくれます。

給料前払いシステムを利用するときは、適切かつ誠実なコミュニーションを心がけることで、企業との信頼関係の構築に期待できます。

派遣が給料前払いシステムを利用するときの注意点

ここでは、派遣が給料前払いシステムを利用するときの注意点を紹介します。

  • 勤務実績が求められる
  • 返済可能な範囲で行う
  • 前払いの条件を確認しておく
  • 過度に利用しすぎない
  • 企業からの信用を下げる可能性もある

給料前払いシステムを利用する方は、注意点を把握しておきましょう。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

勤務実績が求められる

給料前払いシステムを利用するときの注意点は、勤務実績が求められる場合があることです。

前払いシステムは通常の業務とイレギュラーなため、企業に対して信頼関係が重要になります。

たとえば、安定した勤務実績を持っているかを確認することで、支払い能力があると判断されます。

派遣を始めたばかりの方は勤務実績がほとんどなく、給料前払いシステムは利用できない可能性があるため注意してください。

返済可能な範囲で行う

給料前払いシステムは企業によって、返済義務がある可能性があります。

利用するときは慎重に計画を立て、返済可能な範囲で行うことが大切です。

たとえば、高額な前払いを利用すると、通常の給料が大きく減少し、生活が難しくなります。

今後の生活に支障を与えない範囲で、必要最低限の前払い額を選択することが大切です。

前払いの条件を確認しておく

企業によって前払いシステムの条件やルールが異なる可能性があります。

事務手数料や振込手数料がいくらかかるのかも確認しておきましょう。

事前に条件やルールを確認しておけば、慎重に計画を立てられます。

給料前払いの利用を検討している方は、コストを最小限に抑えるためにも条件やルールを把握しておくことが重要です。

過度に利用しすぎない

給料前払いシステムを利用するときの注意点は、過度に利用しすぎないことです。

何度も利用すると常習的になり、経済的な安定が損なわれる可能性があります。

過度な給料前払いを行うと、生活費や必要経費を十分に確保できないかもしれません。

給料前払いを利用する際は、十分な計画を立て必要最低限の支出を確保することが大切です。

企業からの信用を下げる可能性もある

就業規則によって給料日が指定されている一方で、前払いはイレギュラーな行為です。

理由にもよりますが、頻繁に前払いシステムを利用すると、企業のルールに合わないと思われても不思議ではありません。

また自己管理能力がないと判断されるかもしれません。

緊急時に利用するのは問題ありませんが、何度も利用していると企業側の信用度が損なわれる可能性があります。

企業との信頼関係を良好に保つためにも、上司や周りに相談して、慎重に検討してみましょう。

まとめ

派遣社員は給料前払いシステムが利用できます。

給料前払いシステムを活用すれば、緊急時でも迅速に対応できるため、仕事に集中しやすいです。

ただし、給料日に支給される額が減ったり、手数料が発生したりするため慎重に計画を立てる必要があります。

給料前払いの利用を検討している方は、上司や同僚に相談することもおすすめです。

理由を正直に伝えることで状況を理解し、適切にサポートしてくれます。

給料前払いシステムを利用するときは、先ほど紹介した「注意点」を参考にしてください。

無理のない範囲で慎重かつ計画的に利用することで、給料前払いシステムの良さを最大限活用できるでしょう。

大山 拓夢

[ プロフィール ]

大阪出身
製造業界経験3年
派遣業界に強い

[ 職務経歴 ]

採用マーケティングチーム
・Webディレクター
・Webライター
・原稿管理
・出稿管理など

 

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】