【転職検討中の方へ送る】退職の伝える時期っていつ?伝えるタイミングは?

転職を検討している人で、退職を伝える時期がわからない人もいるでしょう。

伝えるタイミングを間違えたり、遅かったりすると職場に迷惑をかけてしまいます。

退職時にトラブルを引き起こすと、気持ちの切り替えもできず、転職先でもモチベーションが低下するかもしれません。

退職をスムーズに進めるためには、適切な時期やタイミングを把握することが大切です。

本記事は、転職で活用できる退職を伝える時期やタイミングを徹底解説します。

また、退職を伝えるときに避けたほうがいい行動を5つ紹介していますので、転職を検討している人は参考にしてください。

円満退社することで、気持ちの切り替えもでき、モチベーションを維持したまま、スムーズに次の仕事をスタートできます。

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】
月収42万円・祝金111万円など

退職を伝える時期とタイミングはいつ?

ここでは、退職を伝える時期とタイミングをいくつか紹介します。

  • 退職の1ヶ月から3ヶ月前に上司に伝える
  • 遅くても2週間前には伝える必要がある
  • 業務の繁忙期は避ける

転職を検討している人は、タイミングを理解しておくことで、退職をスムーズに行えます。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

退職の1ヶ月から3ヶ月前に上司に伝える

退職を伝えるタイミングは、退職する1ヶ月前から3ヶ月前に上司に伝えることです。

時間に余裕をもって伝えることで、業務の引き継ぎなどが適切に行えます。

企業は、従業員から退職の申し出を受けたあとは、後任者を探さなければなりません。

また、採用した後任者に引き継ぎするためにも十分な時間が必要です。

期間に余裕を持って退職を伝えれば、会社に迷惑をかけずに円満退社できます。

遅くても2週間前には伝える必要がある

退職の申し出は、遅くても2週間前には伝える必要があります。

2週間前に申し出ることは、法律上で定められているからです。

第627条
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

参照:厚生労働省

なので退職を考えている人は、最低でも2週間前に伝える必要があります。

ただし、業務引き継ぎ等もあるため、時間に余裕を持って伝えることが重要です。

業務の繁忙期は避ける

退職を検討している人は、業務の繁忙期を避けることが重要です。

繁忙期に退職されると、企業に迷惑がかかる恐れがあります。

後任者に引き継ぎをするにも十分な時間を確保する必要があり、繁忙期だと引き継ぎに時間を割くことは難しいです。

また、繁忙期は上司のスケジュールも忙しく、ゆっくりと話し合うこともできません。

退職をスムーズに進めたい場合は、業務の状況を見極め、周りに余裕ができる時期に退職の意思を示すことが重要です。

引き継ぎや手続きに十分な時間が確保でき、円満退社が実現できるでしょう。

円満で退職するメリット

ここでは、円満退職のメリットを紹介します。

  • 周囲との人間関係が維持できる
  • 転職してもモチベーションが低下しない
  • 事務手続きがスムーズに進められる
  • 退職後も悪い評判が立たない
  • 自分の気持ちが切り替えられる

転職検討している人は円満退社することで、次の仕事へスムーズに切り替えできます。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

周囲との人間関係が維持できる

円満退職のメリットは、周囲との人間関係を保つことです。

トラブルなく退職することで、同僚や上司に好印象を残します。

退職時にトラブルが生じると、同僚や上司からの印象が悪くなり、今後の人間関係にも悪い影響を与えるかもしれません。

前職の上司や同僚は、将来的にビジネス関係を結ぶパートナーになる可能性もあります。

円満退職は、自身のキャリアにも良い影響をあたえるため、周囲との人間関係を大切にしましょう。

転職してもモチベーションが低下しない

円満退職のメリットは、転職してもモチベーションが低下しないことです。

前職をスムーズに退職できると、新しい仕事に前向きに取り組めます。

たとえば、前職とトラブルが続いたまま転職すると、新しい仕事に集中できず、モチベーションも上がりません。

円満退社することで、新たにスタートする職場環境が受け入れやすくなります。

モチベーションを上げることで、転職先でも自分のスキルや経験が十分に発揮できるでしょう。

事務手続きがスムーズに進められる

円満退職するメリットは、事務手続きがスムーズに進められます。

離職届や必要な書類がスムーズに用意されると、転職先での手続きも円滑に進められるからです。

たとえば、前職で退職でのトラブルが生じると、必要な書類作成が遅れるかもしれません。

転職に必要な書類もあるため、遅れていると転職先での印象が悪くなります。

前職での円満退職は転職先での手続きにも良い影響を与え、新たな職場環境でのスタートを助けるでしょう。

退職後も悪い評判が立たない

円満退職するメリットは、転職後も悪い評判が立たないことです。

退職がスムーズに進むと、新しい職場環境でも信頼関係が構築できます。

前職での悪い評判やトラブルが転職後に引きずられると、新しい職場での信頼獲得が難しくなるかもしれません。

転職後も良好な評判を保つことで、新しい職場環境でも信頼関係が構築しやすいです。

円満退社は、新しい職場でのスタートが円滑に進み、同僚や上司との関係が良好になる可能性が高まります。

自分の気持ちが切り替えられる

円満退職するメリットは、自分の気持ちが切り替えられることです。

退職の手続きが円滑に進むと、ストレスを抱えることがないため、新しい挑戦に対して前向きになれます。

たとえば、前職でのトラブルややり残したことがあると、転職先での仕事に集中できません。

円満退社することで、トラブルに追われることなく、新たな目標に自信を持って行動できます。

円満退社は、新しい挑戦や機会に対して前向きな気持ちになりやすいです。

退職をスムーズに進めるポイント

ここでは、退職をスムーズに進めるポイントを紹介します。

  • 就業規則を確認しておく
  • ポジティブな転職理由を考えておく
  • なるべく早く意思を伝える
  • 退職日を決めてから伝える
  • 引き継ぎをしっかりと行う

ポイントを把握しておくと、退職の手続きがスムーズに進められます。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

就業規則を確認しておく

退職をスムーズにするポイントは、就業規則を確認しておくことです。

就業規則には退職に関する具体的な手続きや必要事項が規定されています。

たとえば、何か書面で提出する必要があるか、何ヶ月前までに通知するのかなどが明記されています。

退職の手続きを円滑に進めたい場合は、就業規則を事前に確認しておくことが大切です。

退職までの流れを事前に把握しておくことで、問題や誤解を未然に防げます。

ポジティブな転職理由を考えておく

退職を円滑に進めるポイントは、ポジティブな理由を考えておくことです。

ポジティブな理由があれば、上司や同僚も理解してくれる可能性があります。

明確な理由があることで、関係性を損なわずに良好な人間関係が維持できます。

退職をスムーズに進めたい人は、できるだけポジティブな理由を伝えることが大切です。

なるべく早く意思を伝える

退職をスムーズに進めるなら、なるべく早く意思を伝えることがポイントです。

辞める意思を早く伝えることで、業務の調整が適切に行えます。

退職の意思表示が遅いと、後任者の選定など業務の調整を行う時間が確保できません。

また、十分な引き継ぎができないので、退職後も前職から問い合わせが生じる可能性があります。

退職は組織に大きな影響を与える出来事なため、早期に意思を伝えることが大切です。

前職の職場にも迷惑をかけずに、新しい職場でスタートを切りたい方は、退職の意思表示を早めに伝えるよう心がけましょう。

退職日を決めてから伝える

退職を円滑に進めるなら、辞める日を決めてから行動しましょう。

退職する日を明確にすることで、キャリアの計画が立てやすいです。

退職日を決めないまま伝えると、手続きが遅くなったり、間に合わなかったりする場合があります。

事前に決めた退職日を明確に伝えることで、前職の人事部が手続きをスムーズに行いやすいです。

事務手続き以外にも業務引き継ぎのスケジュールも立てやすく、前職とトラブルが生じることなく円満退社できるでしょう。

引き継ぎをしっかりと行う

退職を円滑に進めるポイントは、引き継ぎをしっかりと行うことです。

新しい担当者にスムーズに業務を引き継ぐことで、組織の運営に支障が生じません。

たとえば、自身の経験や知識など重要な情報を共有することで、後任者が円滑に業務に取り組めます。

また、注意点などを詳しく説明することで、業務の抜けや漏れが未然に防げます。

引き継ぎが円滑に進むと、同僚や上司と良好な人間関係が構築しやすいです。

退職を検討している方は、引き継ぎをしっかりと行い、前職の職場に迷惑をかけないように心がけましょう。

中広告1中広告2

退職を伝えるときに避けたほうがいい行動5選

ここでは、退職を伝えるときに避けたほうがいい行動を5つ紹介します。

  • 不平不満を理由にしない
  • 退職届を人事部に直接提出しない
  • メールやチャットで伝えない
  • 適当な引き継ぎを行わない
  • 辞める理由を周囲に話しすぎない

正しい方法で伝えれば、今後のキャリアにも良い影響を与えます。

一つひとつ詳しく解説しますので、参考にしてください。

不平不満を理由にしない

退職を伝えるときに避けるべき行動は、不平不満を理由にしないことです。

否定的な要素を強調することで、企業との関係が悪化する可能性があります。

たとえば、職場での人間関係や給与、待遇に関しての発言は避けましょう。

どんな不満があっても、感情的な発言や態度は避けて、客観的な言葉で伝えることが大切です。

ポジティブな理由を伝え、感謝の意を示すことで、関係を悪化させずに退職を円滑に進められます。

退職届を人事部に直接提出しない

退職を伝えるときに避けるべき行動は、退職届を人事部に直接提出しないことです。退職の意思は直属の上司に伝える必要があります。

たとえば、いきなり人事部に退職の意思表示をすると、上司に不快感を与え、会社にも迷惑をかけるかもしれません。

直属の上司が理由などを確認し、退職までの引き継ぎなどスケジュールを組むことで、円満退社が実現できます。

上司への退職の相談は勇気がいるかもしれませんが、円満退社するためにも、社会人としてマナーを守りましょう。

メールやチャットで伝えない

退職を伝えるときに避けるべき行動は、メールやチャットを使用しないことです。

メールやチャットで退職の意思を伝えることは、非常識であり、相手に不快な印象を与えます。

メールやチャットでは、相手が自分の考えや気持ちを理解しづらいため、誤解が生じるかもしれません。

直接対話を通じてコミュニケーションを図ることで、誤解を最小限に抑えられます。

上司が忙しそうな状況でも時間を割いてもらい、直接退職の話をすることが重要です。

適当な引き継ぎを行わない

退職するときに避けるべき行動は、適当な引き継ぎを行わないことです。

適当な引き継ぎは、業務に支障をきたすため、会社に迷惑がかかります。

たとえば、重要な情報を共有しないと、後任者や関係者が業務を理解するのが難しいです。

重要な情報や手順、ポイントを整理し、適切な形で伝える必要があります。

適切な引き継ぎが行えば、退職後も会社やチームに対する影響を最小限に抑えられます。

辞める理由を周囲に話しすぎない

退職するときに避けるべき行動は、辞める理由を公言しないことです。

周囲に辞める理由を話しすぎると、悪い印象を与えます。

たとえば、良い転職先が見つかったから、待遇に不満があるなどは、他のメンバーとの信頼関係を傷つけるかもしれません。

辞める理由はあくまで個人的な情報であり、他の人に教えることではありません。

周囲との人間関係を維持するためも、自らのプライバシーを守る意識が重要です。

**

関連記事:派遣を辞める時の理由・タイミング【※即日でも問題ないの?】

退職を伝える時期やタイミングについてよくある質問

ここでは、退職を伝える時期やタイミングについてよくある質問を紹介します。

よくある質問を理解しておけば、退職に関する疑問点や不安が解消されますので、参考にしてください。

退職者が重なった時は諦めたほうがいいですか?

他の人と退職が重なっても諦める必要はありません。

重なった理由で退職を諦めると、辞めるタイミングを失う可能性があります。

特に転職先が既に決まっている場合は、退職日を延ばしてしまうと、入社日にも影響を与えます。

しかし、複数の退職者が出ても、業務を調整するのは企業の責任です。

自分のキャリアを考えて、柔軟に対応する必要があります。

退職を伝えても引き止められたら従う必要がありますか?

退職を伝えても引き止められたら従う必要はありません。

退職日を口頭で伝えるのではなく、退職届を提出すると会社は拒否できません。

退職するときは、時間に余裕を持って、十分な引き継ぎを行い、円満退社を心がけましょう。

退職を伝えてから有給休暇をまとめて使用してもいいですか?

退職を伝えてから有給休暇をまとめて使用することはできます。

しかし、職場の繁忙期や業務引き継ぎの時間がないときは避けるべきです。

退職の意思を伝えてから有給休暇を使用したい人は、上司に相談することをおすすめします。

有給休暇を分けて使用することで、円満退社が実現できるでしょう。

まとめ

退職を伝えるなら1ヶ月から3ヶ月前がベストなタイミングです。

十分な時間が確保できれば、適切な引き継ぎが行え、会社に迷惑をかけることなく、円満退社が実現できます。

円満退社は、転職後のモチベーションやキャリアにも大きな影響を与えます。

転職をスムーズに進めたい方は、先ほど紹介したポイントを参考にしてください。

会社に迷惑をかけずに円満に退職することで、新たな職場環境で気持ちを切り替えてスタートできるでしょう。

大山 拓夢

[ プロフィール ]

大阪出身
製造業界経験3年
派遣業界に強い

[ 職務経歴 ]

採用マーケティングチーム
・Webディレクター
・Webライター
・原稿管理
・出稿管理など

 

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】