住み込み求人を探すときのポイントはこれ!メリット・デメリットもご紹介

住み込み求人って「どんな仕事?」と疑問を抱く人もいます。

住み込みで働くことは、家賃が節約でき、家を探す手間を省くことにつながります。

ただし、住みたい場所が選べないので、十分に考えることが大切です。

メリットやデメリットだけでなく、求人を探すポイントを知ることで、自分に合った仕事が見つかりやすいです。

本記事は、住み込み求人を探すポイントからメリットやデメリットまでを徹底解説します。

また、住み込みで働きたい人におすすめしたい仕事を5つ紹介しますので、参考にしてください。

この記事を読むことで、求人を探すポイントが理解でき、自分に合った仕事が見つかりやすくなります。

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】
月収42万円・祝金111万円など

住み込み求人の仕事とは?

ここでは、住み込み求人の仕事について紹介します。

種類や給与形態などを解説しますので、求人を探している方は参考にしてください。

仕事の特徴

住み込み仕事の特徴は、企業が従業員に住居を提供してくれることが一般的です。

食事や寝具、生活環境に必要な設備などが用意され、従業員は家を探す手間や家賃が抑えられます。

また、通勤時間も短縮されるため、通勤ラッシュのストレスを感じず、快適に仕事に従事できます。

家賃も無料か補助がでるため、従業員は経済的にも余裕がでるでしょう。

仕事の種類

住み込み仕事は、さまざまな業界や企業で提供されています。

住み込み仕事で見られる主な業界や職種は下記の通りです。

  • 農業
  • 介護業
  • 建設業
  • 製造業
  • 船舶業
  • ホテル・旅館業
  • 運送業
  • リゾート業

  
上記以外にも住み込みの仕事を提供している企業や業界は多いです。

給与形態

住み込みの仕事の給与形態は一般的なものと同じです。

  • 時給制
  • 日給制
  • 月給制

  
総合求人サイトの「indeed」によると平均給与は月給で「295,615円」です。

地域や企業によっても多少変動しますが、やや高い給与で設定されています。

住居環境

住み込みの住居は、下記の3つがあります。

  • 社員寮
  • 借り上げ社宅
  • 併設住居

  
社員寮とは、企業の所有地にあり、寮とも呼ばれています。

社員寮でも家族や独身、単身赴任など寮が分けられているのが特徴です。

借り上げ社宅とは、マンションやアパートを企業が借り上げ、従業員に提供します。

併設住居は、施設や工場などと併設されている住居です。

職場が近くなので、通勤時間が大幅に短縮されます。

中広告1中広告2

住み込み求人で仕事するメリット

ここでは、住み込み求人で仕事するメリットを紹介します。

  • 家賃が節約できる
  • 貯蓄しやすくなる
  • 通勤時間が短縮できる
  • 家を探す手間が省ける

  
求人を探している方は、メリットを把握しておくことが大切です。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

家賃が節約できる

住み込み求人のメリットは、家賃が節約できる点です。

企業が住居を用意してくれるため、探す手間が省けます。

住居の家賃が無料だったり、家賃の補助があるので、出費が抑えられます。

家賃は生活費にとって大きな出費です。

家賃が節約できることで、手取り収入が実質的に増加し、生活費や趣味に使える余裕ができます。

住み込み求人は、住居が提供されるため、従業員が家賃を心配する必要がなくなります。

貯蓄しやすくなる

住み込み求人のメリットは、貯蓄しやすくなることです。

企業が無料で住居を提供している場合があるため、経済的な余裕が生まれます。

家賃の節約ができるため、緊急時のための備えや貯金がしやすいです。

また、家賃を節約することで、教育や将来への準備に回すことができます。

たとえば、資格取得や投資などが挙げられます。

住み込み求人は住居が提供されるため、従業員が経済的な余裕を持ち、将来に備えるための貯蓄がしやすいです。

通勤時間が短縮できる

住み込み求人のメリットは、通勤時間が短縮できることです。

提供される住居は、企業から近いため、通勤時間を大幅に削減できます。

従業員は朝や夕方の通勤ラッシュを避け、スムーズに仕事場に到着が可能です。

通勤時間の短縮は、従業員のストレスや疲労が軽減されるため、仕事により集中して取り組むことができます。

住み込み求人における通勤時間の短縮は、従業員の働きやすさや生活の質を向上させ、企業にとっても生産性を高める要因にもなります。

家を探す手間が省ける

住み込み求人のメリットは、家を探す手間が省ける点です。

企業が従業員に対して住居を提供してくれます。

そのため、従業員は自ら家を探す手間や時間をかける必要がありません。

住居の提供により、引っ越しや住まいの手配にかかる時間が節約でき、早期就業を可能にします。

特に土地勘がない地域での生活は不安を抱くことが多いです。

住み込み求人を利用すれば、職場の人もいるため、安心して生活できます。

従業員にとって家を探す手間を軽減し、新しい仕事への移行を円滑にする役割を果たしています。

住み込み求人で仕事するデメリット

ここでは、住み込みで仕事するデメリットを紹介します。

  • プライベートが充実しない可能性がある
  • 住みたい場所が選べない
  • 職場の人間関係から解放されない
  • ルールに縛られる

  
住み込みで仕事したい人は、デメリットを理解しておく必要があります。

一つひとつ詳しく解説しますので、参考にしてください。

プライベートが充実しない可能性がある 

住み込み求人のデメリットは、プライベートが充実しない可能性があります。

提供された住居が仕事場の一部の場合、仕事とプライベートの境界が曖昧になりやすいです。

たとえば、仕事を早く終わらせたくても、周りが忙しくしていると業務から離れることが難しくなります。

そのため、仕事に対するプレッシャーやストレスがプライベートにも影響を与えるかもしれません。

住み込み求人において労働環境とワークライフバランスを実現するための配慮が必要です。

住みたい場所が選べない

住み込み求人のデメリットは、住みたい場所が選べない点です。

提供される住居は、仕事の都合に合わせられるため、従業員のライフスタイルに合った場所で生活することが難しくなります。

たとえば、家族やパートナーがいる場合、提供される住居が全員にとって適しているとは限りません。

そのため、家族やパートナーとの調整が難しいです。

従業員が住みたい場所や生活スタイルを重視する場合に影響を及ぼす可能性があります。

従業員は、デメリットを認識し、家族やパートナーがいる場合は適切な調整や配慮を行うことも必要になるでしょう。

職場の人間関係から解放されない

住み込み求人のデメリットは、職場の人間関係から解放されない点です。

仕事や生活でも同僚と同じ時間を過ごすため、職場との境界が曖昧になります。

同僚との距離が近すぎて、プライベートの時間を確保しづらいです。

また、職場の人と人間関係が悪化すると、仕事以外のコミュニケーションが難しくなり、ストレスを引き起こす可能性があります。

職場と住居が近い状況では、仕事から離れにくいです。

そのため、従業員がワークワイフバランスを維持するのが難しくなる可能性があります。

ルールに縛られる

住み込み求人のデメリットは、ルールに縛られることです。

提供された住居や環境には企業の独自ルールや規定が適用されます。

たとえば、共有スペースの使い方、掃除当番、ゴミの捨て方など企業によってルールはさまざまです。

企業が設けたルールにより、個人のプライバシーが制限される可能性があります。

そのため、従業員は企業が定めたルールに縛られ、自分の希望に合った生活スタイルを実現するのが難しいです。

中広告1中広告2

住み込み求人を探すときのポイント

ここでは、住み込み求人を探すときのポイントを紹介します。

  • 希望条件を明確にして優先順位をつける
  • 気になる求人の情報収集を行う
  • 自分に向いている仕事か確認しておく
  • 住み込み場所の環境をチェックしておく

  
自分に合った求人を見つけるには、ポイントをチェックしておくことが大切です。

一つひとつ詳しく解説しますので、参考にしてください。

希望条件を明確にして優先順位をつける

住み込み求人を探すときのポイントは、希望条件を明確にして優先順位をつけることです。

希望条件を明確にすることで、自分に合った求人を見つけやすくなります。

たとえば、どの地域で働きたいか、住居の広さや設備、給与や福利厚生などさまざまです。

何を重視するかによって、探す求人が変わります。

ポイントを明確にし、自分の希望条件や優先順位を把握することで、適切な住み込み求人が見つけられます。

また、複数の求人を見つけた場合、総合的な視点から判断することも大切です。

気になる求人の情報収集を行う

住み込み求人を探すときのポイントは、気になる求人の情報収集を行うことです。

情報収集を行うことで、自分の希望やニーズに合った求人が見つかる可能性があります。

たとえば、インターネット上で企業や求人に関する口コミを検索することで、社員の経験談や実際の労働環境を知ることができます。

また、提供される求人情報を確認してくことも大切です。

給与や福利厚生など自分の生活レベルに合った仕事ができるか確認しておくと、入社してからのギャップもありません。

気になる求人があれば、情報収集を行うようにしましょう。

自分に向いている仕事か確認しておく

住み込み求人を探すときのポイントは、自分に向いている仕事か確認しておくことです。

自分の強みやライフスタイルに合った仕事を見つけることで、最適な仕事が見つかります。

たとえば、求人の仕事内容と自分のスキルや経験がどれだけマッチするかを確認しましょう。

住み込み求人が自分にとって適しているかどうかを判断することも大切です。

自分のキャリアやライフスタイルを考慮して、仕事を探すようにしましょう。

住み込み場所の環境をチェックしておく

住み込み求人を探すときのポイントは、場所や環境をチェックしておくことです。

応募する住み込み求人が自分に合っているか判断できます。

たとえば、提供される住居の設備や生活環境、地域の評判を確認しておきましょう。

住み込み求人が提供する場所や環境が自身のライフスタイルと合致すれば、仕事もプライベートも充実します。

住み込み求人が提供する場所や環境が自分にあったものかどうか判断するためにも確認することが大切です。

住み込み求人を探す人におすすめしたい5つの仕事

ここでは、住み込み求人を探す人におすすめしたい5つの仕事を紹介します。

  • 製造業
  • 建設業
  • 介護士
  • 運送業
  • 農業

  
紹介する仕事は、未経験でも始められることが多いです。

一つひとつ詳しく解説しますので、参考にしてください。

製造業

住み込みで働きたい人におすすめしたい仕事は、製造業です。

製造業は、基本的な生活必需品から高度な技術を要する製品まで多岐にわたり、需要が安定しています。

そのため、安定した雇用が期待できるのが製造業の大きな特徴の一つです。

製造業は、住み込みで働く人を採用する企業も多いです。

また、未経験からでもスキルを磨くことができ、キャリアアップも目指せます。

住み込みで働きたい人は、製造業の仕事を探すことをおすすめします。

建設業

住み込みで働きたい人におすすめしたい仕事は、建設業です。

建設業も製造業同様に公共インフラ建設や住宅などのメンテナンスにより、一定の需要があります。

そのため、安定した雇用が期待できます。

また、建設業は未経験や経験が浅い人でもチャンスがあり、スタートしやすい環境です。

住み込みで働く機会が多く、充実した生活環境が提供されています。

介護士

住み込みで働きたい人におすすめしたい仕事は、介護士です。

高齢化社会が進む中、介護がますます必要とされているため、介護士は安定した需要があります。

介護士は利用者の生活全般にわたり、身の回りのサポートを提供します。

そのため、人間味あふれる仕事であり、やりがいを感じやすいです。

地域や施設によっては、住み込みでの勤務が求められます。

運送業

住み込みで働きたい人におすすめしたい仕事は、運送業です。

商品や物資の運送は常に需要があり、安定した雇用が期待できます。

物流が不可欠な役割を果たすため、需要が急激に変動することは少ないです。

運送業は常に人手不足の状態であり、物流関連の仕事に対する労働力の需要も安定しています。

遠方への移動が多いため、住み込みで仕事をする人も多いです。

運送業は運転免許や特定の資格を取得すれば、未経験者からでも始められます。

農業

住み込みで働きたい人におすすめしたい仕事は、農業です。

農業は食べ物を生産するため、労働力に需要があります。

また、畑仕事や作物の管理を通じて、四季折々の自然に触れ合うことができるため、仕事に対するストレスも発散できます。

特に求められる資格やスキルもないため、未経験者からでもスタートが可能です。

農業は朝早くからの作業が多いため、住み込みで雇われることもあります。

身体を動かしながら仕事をしたい人は、体力を活かせる農業もおすすめです。

まとめ

住み込み求人は、企業が従業員に住居を提供するため、家賃が節約できます。

通勤時間の短縮や家を探す手間も省けるため、従業員は仕事に集中しやすいです。

ただし、プライベートが充実しにくかったり、ルールにしばられたりする可能性があるため、しっかり検討する必要があります。

住み込み求人で働きたい人は、先ほど紹介したポイントを参考に求人を探しましょう。

また、自分に合った仕事がわからない人は、専門家のアドバイスを貰うことで、自身に適した仕事が見つかります。

大山 拓夢

[ プロフィール ]

大阪出身
製造業界経験3年
派遣業界に強い

[ 職務経歴 ]

採用マーケティングチーム
・Webディレクター
・Webライター
・原稿管理
・出稿管理など

 

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】