短期や期間限定の求人ってどんなの?仕事内容一覧

仕事を探していると、短期や期間限定の求人を見かけます。

短期や期間限定の雇用期間の目安や仕事内容がわからない人も多いでしょう。

短期や期間限定の求人は、自分の都合に合わせて仕事ができます。

しかし、収入が安定しないことや頻繁に仕事を見つけないといけないなど、注意点もあります。

自分の希望に合った仕事を見つけるには、短期や期間限定求人の特徴を理解しておくことが大切です。

本記事では、短期や期間限定の求人の特徴から仕事内容について解説します。

また、短期や期間限定求人を受けるメリット・デメリットを紹介しますので、参考にしてください。

この記事を読むことで、短期や期間限定の特徴が深く理解でき、自分に合った仕事が見つかりやすくなります。

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】
月収42万円・祝金111万円など

短期や期間限定の求人とは?

ここでは、短期や期間限定の求人について解説します。

  • 短期求人の雇用期間の目安
  • 短期の仕事内容

  
求人を探している人は、短期や期間限定の求人の特徴を把握しておくことが大切です。

一つひとつ詳しく解説しますので、参考にしてください。

短期求人の雇用期間の目安

短期や期間限定求人の雇用期間は、一般的に「2ヶ月~3ヶ月」が目安です。

短期求人は季節的な需要に対する求人が多く、特定の季節に合わせて雇用期間が調整されます。

たとえば、夏季のリゾート地やクリスマスシーズンの小売業の求人があります。

季節的な需要に合わせて雇用期間が調整され、一時的に雇用の機会を提供されることが多いです。

短期の仕事内容

短期や期間限定求人の仕事内容は、比較的単純作業が多いです。

イベントの人手不足や特定の期間だけの人材補充で求人が提供される場合があります。

具体的な短期求人の仕事は以下の通りです。

  • 倉庫スタッフ
  • 清掃スタッフ
  • 機械オペレーター
  • 一般事務
  • イベントスタッフ

  
短期の仕事は、求職者にとってスキルを習得しやすく、短期間の雇用で新しい経験を積む機会を提供します。

特に未経験者にとっては、始めやすい仕事が多いです。

中広告1中広告2

短期や期間限定の求人の仕事内容一覧

ここでは、短期や期間限定の求人の仕事内容一覧を紹介します。

  • 機械オペレーター
  • 一般事務
  • システムエンジニア
  • ピッキング・入出荷
  • 清掃スタッフ

  
短期や期間限定求人の仕事内容を把握しておくことで、選択肢が広がります。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

機械オペレーター

短期や期間限定の求人の仕事内容として、機械オペレーターが挙げられます。

機械オペレーターは、工場や生産施設でさまざまな機械を操作する作業です。

スキルや経験を求められる場合もありますが、指導やトレーニングを受ければ、未経験者でも作業できます。

機械オペレーターの仕事は、需要もあるため、経験を積むと次の仕事が見つかりやすいです。

一般事務

短期や期間限定の求人の仕事内容として、一般事務があります。

一般事務は、パソコンでの文書作成やデータ入力など幅広く行う仕事です。

パソコンスキルや基本的なコミュニケーションスキルが求められます。

高い専門スキルや経験を必要とせず、未経験者でもスタートしやすい仕事です。

システムエンジニア

短期や期間限定求人の仕事内容として、システムエンジニアがあります。

システムエンジニアは、ソフトウェアの設計や開発を行う仕事です。

情報技術やプログラムの専門知識が必要であり、プロジェクトの規模や要件によって異なります。

専門知識や経験が求められる仕事ですが、時給が高い傾向がある仕事です。

ピッキング・入出荷

短期や期間限定求人の仕事内容として、ピッキングや入出荷があります。

ピッキングは、倉庫内で商品を選別し、特定の注文や出荷に必要な商品を見つける作業です。

オーダーリストや注文情報に基づいて商品をピックアップし、正確に梱包および準備します。

ピッキングと入出荷の仕事は、倉庫や流通センター、物流業界などで提供される一般的な短期の求人です。

専門スキルや経験がなくても、指導を受けることで未経験者でも始められます。

清掃スタッフ

清掃スタッフは、オフィス、ホテル、公共施設などを掃除する作業です。

床や壁、窓、トイレなど幅広い場所を清掃し、埃や汚れを除去します。

専門スキルや経験よりも体力が求められる仕事です。

適切な訓練や指導を受ければ、未経験者でもスタートできます。

短期や期間限定の求人を受けるメリット

ここでは、短期や期間限定の求人を受けるメリットを紹介します。

  • 採用される傾向が高い
  • 幅広い仕事が経験できる
  • 比較的簡単な仕事が多い
  • 人間関係を気にしなくてもいい
  • 自分の都合に合わせて仕事を選択できる

  
短期や期間限定の求人を受けたい人は、メリットを把握する必要があります。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

採用される傾向が高い

短期や期間限定の求人は、雇用期間が短いため、専門スキルや経験を必要としない場合があります。

たとえば、イベントスタッフならスキルや経験がなくても、体力や最低限のコミュニケーションが求められることが多いです。

短期の求人に応募する際、高度な専門知識や経験が求められない場合があるため、幅広い人にチャンスが与えられます。

短期や期間限定の求人は、採用されやすく、スキルや経験がない人でも仕事が見つけやすいでしょう。

幅広い仕事が経験できる

短期の仕事を受けることで、異なる業界や職種で経験を得る機会が増えます。

たとえば、異なる業界での仕事を経験することで、業務プロセスやツールの使用方法を学べます。

そのため、どの分野の職種が自分に合っているのか見つかりやすいです。

短期の仕事を通じて、自分がどの分野や職種が向いているか判断でき、将来のキャリアプランにも役立ちます。

比較的簡単な仕事が多い

短期の仕事は、専門スキルや経験を求めない場合があります。

たとえば、一時的なカスタマーサービス担当者やイベントスタッフなど、基本的なコミュニケーションがあれば、業務が遂行できる仕事が多いです。

また、クライアントや上司の指示に従うことが多く、指示通りに作業を行うだけで仕事が遂行できます。

比較的簡単な仕事が多いため、スキルや経験がない人でも安心して仕事に参加できるでしょう。

人間関係を気にしなくてもいい

短期仕事は、長期的な人間関係を築く必要が少ないため、同僚や上司との関係をそこまで気にしなくてもいい場合があります。

正社員などの長期雇用は、職場の人間関係が重要な要素であり、周りに気を遣う必要があります。

しかし、短期は所属する期間が短いため、人間関係を気にする必要もなくなり、仕事に集中できます。

もちろんまったく気にしなくていいかというと、円滑に業務を進めるために最低限のコミュニケーションを取ることは大切ですので、その点はご注意ください。

短期の仕事は、職場の人間関係に縛られないため、働きやすいです。

自分の都合に合わせて仕事が選べる

働ける期間が決まっているため、自分のライフスタイルに合わせて選択することができます。

たとえば、特定の期間だけ働いて、余暇や旅行を楽しむことも可能です。

短期や期間限定の求人は、自身の生活スケジュールや目標に合わせて仕事が選べるため、ワークライフバランスが維持できます。

自分のライフスタイルに合わせて働きたいには、短期や期間限定求人は有益な選択肢です。

中広告1中広告2

短期や期間限定の求人を受けるデメリット

ここでは、短期や期間限定の求人を受けるデメリットを紹介します。

  • 希望の仕事が見つからない可能性がある
  • 収入が安定しない
  • 頻繁に仕事を探す必要がある
  • キャリアアップにつながりにくい

  
短期や期間限定の求人を受けるデメリットを理解しておく必要があります。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

希望の仕事が見つからない可能性がある

短期や期間限定の求人は豊富ですが、特定の条件やスキルが求められる可能性があります。

専門スキルや経験が求められたり、スキルがなくても長期雇用が条件だったりすると求人を受けるのは難しいです。

短期の仕事は、求人の選択肢に制限がかかるため、自分の希望した求人が見つからない可能性があります。

収入が安定しない

短期や期間限定の求人を受けるデメリットは、収入が安定しないことです。

短期は雇用期間が一時的なので、期間が終了すると、収入が途切れます。

そのため、短期仕事を受ける場合、住宅ローンや教育資金の貯蓄など、将来の目標を達成するのが難しいです。

短期仕事を受ける際には、収入の不安定性を考慮する必要があります。

頻繁に仕事を探す必要がある

雇用期間が短いため、絶えず新しい職を探さなければなりません。

短期の仕事を受ける場合、求人情報を積極的に調べて、次の仕事を見つける必要があります。

求人情報を探すときは、自分に合った条件を探すことも大切です。

キャリアアップにつながりにくい

短期の仕事は期間が短いため、専門スキルや経験が習得できない場合があります。

専門スキルや知識の取得には、時間と実務経験が必要です。

短期仕事は習得できる時間が短いため、スキルを学ぶ機会が制限されます。

短期求人を探すときは、自分のキャリア目標とライフスタイルに合わせて、適切なバランスを見つけることが大切です。

**

関連記事:短期派遣を繰り返すVS長期派遣で働くのは、どっちが得なのか?

短期や期間限定の求人の選び方

ここでは、短期や期間限定の求人の選び方を紹介します。

  • 時給の高さで選ぶ
  • 自分の条件に合った求人
  • スキルや経験で選ぶ

  
短期や期間限定の求人を探している方は、選び方を把握しておきましょう。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

時給の高さで選ぶ

短期や期間限定の求人の選び方は、時給の高さで選ぶことです。

高時給の仕事を選ぶことで、短期間でも多くの収入が得られます。

そのため、生活費のカバーに役立ち、貯金や投資に充てる資金を増やせます。

また高時給の仕事は、自身の目標金額を短期間で達成しやすいです。

たとえば、友人や家族との旅行に行く資金に充てることもできます。

短期は働く期間も短いため、時給が高い求人を選ぶのがおすすめです。

自分の条件に合った求人

自分の条件に合った仕事を選ぶことで、モチベーションが維持できます。

スケジュールが自身の生活に合った求人が見つかれば働きやすいです。

自分の条件に合った仕事を見つけるためには、自己分析を行い、時間をかけて慎重に選ぶ必要があります。

スキルや経験で選ぶ

スキルや経験が活かせる仕事を選ぶと、満足感を感じやすくなります。

またスキルや経験だけでなく、興味を持つ職種や業界を選びましょう。

自分の興味がある仕事に取り組むことで、モチベーションが高まり、業務に集中できます。

自身の強みを活用することができ、かつ目標に合致する仕事を見つけることで、短期や期間限定の求人でも貴重な経験が積める可能性があります。

短期や期間限定の求人を受ける注意点

ここでは、短期や期間限定の求人を受ける際の注意点を紹介します。

  • 自分の適性を考えておく
  • 派遣会社に短期を希望する理由を明確に伝えておく
  • 職務経歴が増える

  
短期や期間限定の求人には、注意点があるため、受ける人は注意が必要です。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

自分の適性を考えておく

自分の強みや弱みを理解しておきましょう。

自分の得意なことや優れた能力を活かす仕事を見つけることで、自身に合った求人が見つかる可能性が高まります。

また自分がどの分野や職種が得意なのか、そのスキルを活かせるのか把握することも大切です。

自分の適性を考えることは、仕事を選ぶときの迷いや混乱を減らし、満足度を高めます。

派遣会社に短期を希望する理由を明確に伝えておく

短期の仕事を希望する理由を明確に伝えることで、自分に合った仕事を提供してくれます。

求める仕事や特定の期間だけ働きたいなど、詳細な情報を共有することで、適切な仕事が見つかりやすいです。

派遣会社の中には、短期求人ばかり受ける人は定着性がないなど印象が悪くなる可能性があります。

印象が悪いと、自分の希望する求人が提案されないかもしれません。

希望する理由を明確に伝えることで、自身の条件に合った仕事を提案してもらえるでしょう。

職務経歴が増える

職歴が多すぎると、派遣先企業に安定性を問われる可能性があります。

一貫性のない職種経歴は、派遣先企業にとって懸念材料になるかもしれません。

そのため、特定の職種経歴を強調し、他の経歴も簡潔にまとめることが大切です。

なぜ異なる仕事を経験したのか、業務の中でどのようなスキルを身につけたか説明が求められます。

短期求人を受ける場合は、職務経歴が多いことは一つの不安材料になりますが、経験を有効にアピールすることが大切です。

まとめ

短期や期間限定の求人は、専門スキルや経験が不要な場合が多く、未経験者でも働きやすいです。

ただし、職務経歴が増えたり、頻繁に仕事を探したりするデメリットもあります。

短期求人を探すときは、自分に合った条件を探すことが大切です。

先程紹介した注意点を考慮して求人を探すことで、自分に合う仕事が見つかる可能性が高まります。

自分のライフスタイルに合った仕事を見つけて、働きやすさを実現しましょう。

スタッフのご紹介

大山 拓夢

[ プロフィール ]

大阪出身
製造業界経験3年
派遣業界に強い

[ 職務経歴 ]

採用マーケティングチーム
・Webディレクター
・Webライター
・原稿管理
・出稿管理など

 

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】