休日出勤が多い工場の特徴とは?年間休日の相場についてもご紹介!

休日出勤が多いと、ストレスや疲労が蓄積され体調を崩す可能性があります。

友人や家族とも予定が合わず、リフレッシュもできません。

仕事の生産性を向上させるためには、しっかりと休憩を取ることが大切です。

本記事では、休日出勤が多い工場の特徴を徹底解説します。

また休日の相場を紹介しますので、工場勤務を検討している方は、参考にしてください。

この記事を読むことで、休日出勤が多い工場の特徴を理解しつつ、休みが少ないトラブルを回避できます。

ワークライフバランスを維持するには、しっかり休めることが大切です。

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】
月収42万円・祝金111万円など

工場勤務の休日はどのくらいあるの?

ここでは、工場勤務の休日はどのくらいあるのか紹介します。

休日出勤が多いか判断するには、工場勤務の休日数を把握しておくことが大切です。

一般的な休日は120日

工場勤務の一般的な休日は120日です。

年間休日が120日の場合、週休完全2日制かつ祝日が休みの場合があります。

また、夏季休暇や年末年始休暇など含むと、一部の祝日が出勤になるかもしれません。

それでも、年間休日が120日は多い方です。

厚生労働省の「令和4年就労条件総合調査の概況」によると、企業全体での平均休日数が116日もあります。

大手メーカーの工場なら休日が130日を超えることも少なくありません。

年間休日が120日以上あれば、3日に1回は休日という計算になるため、魅力的です。

年間休日は最低の目安は105日

休日出勤が多いか判断するには、最低年間休日を把握しておくことが大切です。

労働基準法32条によると、年間休日105日と法律で定められています。

年間休日の105日の内訳は、土日休みなら年間104日が休みです。

夏季休暇や年末年始の休暇が含まれていると、毎週土日ではなく、どちらか出勤する必要があります。

工場で勤務する際には、最低でも年間休日105日以上あることがおすすめです。

関連記事:年間休日120日ってしんどいの?有給、リアルな賛否など「まとめ」

工場勤務は基本的に土日休みが多い

工場勤務は基本的に土日休みなところが多いです。

ここでは、土日休みが多いメリット・デメリットを簡単に解説します。

土日休みのメリット

工場勤務で土日休みのメリットは下記の通りです。

  • プライベートが充実
  • 友人や家族と予定が合わせやすい
  • 休息とリフレッシュ
  • 生活リズムが整う

土日休みは休日が特定されているため、スケジュールが調整しやすいです。

家族や友人と一緒に過ごす時間が確保できたり、趣味に没頭したりできます。

ワークライフバランスが充実するため、仕事への集中力や生産性が向上するでしょう。

土日休みのデメリット

土日休みはスケジュールが立てやすいメリットもありますが、デメリットも存在します。

土日休みのデメリットは下記の通りです。

  • 役所の手続きしにくい
  • 商業施設が混む
  • 銀行や病院が利用できない

土日は役所や銀行なども休みです。

そのため、役所での手続きや、銀行や病院などに用事がある方は、少し不便に感じます。

また土日が休みの企業も多いため、ショッピングモールや飲食店などの商業施設が混みやすいです。

中には、人混みにストレスを感じて、疲れてしまう人もいるかもしれません。

中広告1中広告2

シフト制を導入している場合もある

工場の中には、土日が休みだけではなく、シフト制を導入しているところもあります。

シフト制は、休みが固定されず、他の労働者と交代で休む仕組みです。

ここでは、シフト制のメリット・デメリットを紹介しますので、参考にしてください。

シフト制のメリット

シフト制は製造業以外にもサービス業や建設業にも導入している企業は多いです。

シフト制を導入することで、工場は稼働し続けられます。

シフト制のメリットは下記の通りです。

  • 自分の休みたい時に休める
  • 平日も休める

シフト制は、休みが固定されていないため、土日以外にも休むことができます。

自分が休みたい日を事前に上司に提出し、希望が通れば休みを取ることができます。

そのため、自分のスケジュールに合わせて休むことが可能です。

また、職場や仕事の状況によりますが、連休や3連休なども取得できます。

シフト制のデメリット

ライフスタイルに合わせて休日が取れるシフト制ですが、デメリットも存在します。

シフト制のデメリットは下記の通りです。

  • 休みが不規則
  • 予定の調整が難しい

シフト制は自分のスケジュールに合わせて休むことはできますが、周りと休みが被ると変更する必要があります。

また休みが不規則なので、生活リズムが調整しづらく、体調を崩すかもしれません。

友人や家族とのイベントや予定を確保しにくく、ワークライフバランスの維持が難しいです。

休日出勤が多い工場の特徴

ここでは、休日出勤が多い工場の特徴を紹介します。

休日出勤したくないと思う人は、これから紹介する特徴を把握しておきましょう。

高い離職率と人手が足りてない

休日出勤が多い工場の特徴は、高い離職率と人材不足が挙げられます。

休日出勤が頻繁に行われると、従業員に過度な労働負担がかかるからです。

連続勤務が続く場合、従業員は仕事とプライベートのバランスを取りにくく、ストレスや疲労が蓄積しやすいため、離職率が高くなります。

離職率が高くなると、工場は人材不足になり、新たな従業員を採用するのも難しいです。

そのため、既存の従業員に負担がかかり、生産性低下にも繋がります。

離職率の高い工場は、人手が足りず、休日出勤が多いです。

過剰な仕事量

過剰な仕事量は、休日出勤が多い工場の特徴です。

通常の勤務時間内に仕事が処理できないため、休日出勤する必要があります。

たとえば、人材不足や急な生産スケジュールの変更、機械の故障で作業が遅れます。

納期に間に合わせるためにも、休日出勤が必要です。

しかし、過度な仕事量は、従業員の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

過剰な仕事量がある工場は、休日出勤が多い傾向があるため、注意が必要です。

作業効率が悪い

休日出勤が多い工場の特徴は、作業効率が悪いことです。

長時間労働が続くと、従業員の集中力や注意力が低下します。

たとえば、古い作業機械を使用し続けたり、無駄なチェック作業が多かったりすると、ミスや事故が増加する可能性があります。

また、従業員のモチベーションも作業効率を低下させる原因です。

休日出勤が多いと、従業員はリフレッシュできず、仕事に対するモチベーションも低下します。

従業員のモチベーションが低下すると、生産性も下がり、納期に間に合わないため、休日出勤する悪循環に陥ります。

季節的な需要

休日出勤が多い工場の特徴は、季節的な需要が挙げられます。

特定の季節やイベントに関連して、製品やサービスの需要が急増するからです。

たとえば、クリスマスシーズンにはギフト製品の需要が増加し、夏季にはアイスクリームや冷却製品の需要が高まります。

季節的な需要に対応するために、従業員は休日出勤や長時間労働が求められます。

長時間労働が評価される

休日出勤が多い工場の特徴は、長時間労働が評価されることです。

長時間労働は工場の生産量を増やすために貢献したことが評価されます。

そのため、昇給やボーナスなどの対象になる一つの理由です。

しかし、長時間労働は従業員に疲労やストレスを与え、健康にも悪影響を及ぼします。

休日出勤が当たり前と考えている

周りが休日出勤することが当たり前と考えている職場は、休日出勤が多い工場の特徴です。

長時間労働や休日出勤が評価され、キャリアの一環として捉えられる場合があります。

職場全体が休日出勤することが定着していると、従業員が休日出勤を当然と考える傾向があります。

上司が休日出勤を促す雰囲気を醸し出している

上司が休日出勤に対して前向きで、従業員にその必要性や重要性を示し、自身も積極的に参加する姿勢を持っているような場合、休日出勤が多い職場が出来上がってしまう可能性が考えられます。

上司が休日出勤を支持し、積極的に参加する姿勢を示すと、従業員は休日出勤を当然のこと受け入れる傾向があります。

上司のリーダシップは組織に大きな影響を与えるため、休日出勤が重要と支持している職場は長時間労働が多いです。

中広告1中広告2

休日出勤が多すぎて辞めたくなる理由

ここでは、休日出勤が多すぎて辞めたくなる理由を紹介します。

休日出勤のつらさを理解しておきましょう。

身体的にきついから

休日出勤は身体的にきついから辞めたくなります。

長時間労働や頻繁な休日出勤は、体力と精神的な健康に負担が掛かるからです。

出勤数が多いと、十分な休息が取れる時間が制限されます。

睡眠不足は、体力や注意力に悪影響を及ぼし、身体的なストレスを引き起こすかもしれません。

過度なストレスで体調を崩すから

休日出勤が多いと、過度なストレスで体調を崩すため辞めたくなります。

長期間にわたる過度なストレスは身体と精神に悪影響を及ぼす可能性が高いからです。

たとえば、うつ病や不安障害、睡眠障害など精神的な健康問題を引き起こします。

ストレスは免疫機能も低下させるため、風邪などの感染症にもかかりやすいです。

長時間労働や休日出勤などの過度な労働は、体の抵抗力を減少させます。

家族や友人と予定が合わない

休日出勤が多くて辞めたくなる理由は、家族や友人と予定が合わないからです。

長時間労働や休日出勤は、自由な時間が制約されます。

たとえば、友人との関係にも大きな影響を及ぼすかもしれません。

予定が合わないことから、友人と遊ぶ機会が減少し、孤立感を感じます。

休日出勤が多いと、ワークライフバランスが崩れて、ストレスや不満が生じるでしょう。

仕事のモチベーションが低下するから

休日出勤が多くて辞めたくなる理由は、モチベーションが低下するからです。

長期間にわたる休日出勤は身体的な疲労や精神的な疲弊を引き起こす可能性があります。

これにより、仕事に対する意欲が低下し、モチベーションが減少します。

休みも少ないため、蓄積した疲労やストレスを解消できません。

仕事に対する不満しか生じないため、モチベーションが低下するでしょう。

休日出勤が多いのが当たり前の問題を解決する方法

ここでは、休日出勤が多いと感じている方へ、解決方法を紹介します。

解決方法を知っておけば、休日出勤を回避できるでしょう。

毎回シンプルに断る

休日出勤の問題を解決するには、毎回シンプルに断ることです。

自分のワークライフバランスを守るためにも、過度な休日出勤を避ける必要があります。

たとえば、休日出勤を断る代わりに、残業するなど代替案を提出するのも一つです。

その他にも、日程を調整したり、他の同僚に協力を求めたりするなど柔軟に考えましょう。

休日出勤の要求を断ることは、自身の健康やプライベートを守るためにも大切な行動です。

業務の効率化を提案する

業務の効率化を提案することも、休日出勤の問題を解決する方法です。

業務が効率化できれば、休日出勤が減る可能性があります。

たとえば、スケジュールを適切に管理し、時間を有効に活用することが重要です。

作業時間が短縮されれば、余分な残業や休日出勤が減少し、生産性が向上する可能性があります。

上司や周りと協力して、業務プロセスの改善と効率化に取り組むことで、休日出勤の必要性も減少するでしょう。

上司や人事に相談する

上司や人事に相談することも、休日出勤の問題を解決する方法です。

休日出勤の問題は、コミュニケーションと協力を通じて解決することができます。

たとえば、ワークライフバランスがなぜ重要であるか説明し、自身の健康や幸福感に与える影響について話し合いましょう。

休日出勤がワークライフバランスを崩すことが示唆されると、理解を得られやすいです。

上司や人事との対話を通じて、よりバランスの取れた労働条件を確立する努力が大切といえます。

労働基準監督署に相談する

休日出勤の問題を解決したい場合は、労働基準監督署に相談する方法もあります。

労働基準監督署は労働者の権利を守る機関です。

休日出勤が多い問題を詳細に説明しましょう。

労働基準監督署に相談することは、休日出勤の多い問題を解決する適切な手段の一つです。

専門家からアドバイスや支援を受けることで問題解決する可能性があります。

転職を考える

休日出勤が耐えられない場合は、転職を考えることも一つです。

転職によって、ワークライフバランスや労働条件が改善される可能性があります。

もし転職することを視野に入れるのであれば、休日出勤の頻度やワークライフバランスを重視する職場を探すことが大切です。

転職は重要な決断ですが、休日出勤や労働条件が合わない場合、新しい職場で満足度を高める可能性があります。

自身の価値観や目的に合った職場を見つけるために、慎重な検討と計画が必要です。

まとめ

休日出勤が多い工場は、人手不足だったり、非効率な作業方法を採用していたりする特徴があります。

そのため、休息が取れず、ストレスや疲労が蓄積され、体調を崩しやすいです。

しっかりと休むことで、リフレッシュができ、仕事に対してモチベーションが向上します。

工場勤務を検討している方は、先ほど説明した企業の特徴を回避することで、休日出勤を回避できます。

もし、現在休日出勤が多くて悩まれている方は、転職を検討するのも一つです。

仕事とプライベートを充実させることで、モチベーションが向上し、生産性も上がるでしょう。

採用担当のご紹介

[ プロフィール ]

大阪出身
製造業界経験3年
派遣業界に強い

[ 職務経歴 ]

採用マーケティングチーム
・Webディレクター
・Webライター
・原稿管理
・出稿管理など

 

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】