スーパーバイザーに向いてる人とは?リーダーとの違い【完全版】

スーパーバイザーを目指す多くの人にとって、役割に適した能力やスキルはあるのか、不安に感じることもあることでしょう。

また、リーダーとスーパーバイザーの違いが分かっていない人も、意外と多いものです。

スーパーバイザーになるためには、求められるスキルや能力を理解することが重要です。

この記事では、リーダーとの違いや求められるスキルまで紹介していますので、スーパーバイザーになりたい人は参考にしてください。

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】
月収42万円・祝金111万円など

スーパーバイザーとは?

スーパーバイザーは、現場を統括する責任者としての役割を担います

会社の方針や目標の達成を目的に、現場で働くスタッフを指導や教育することを含みます。

スーパーバイザーは、中間管理職のようなポジションです。

上司からの指示やクライアントからの意思を伝える業務も担当します。

ここでは、スーパーバイザーの特徴を紹介しますので、参考にしてください。

役割は業界によって異なる

スーパーバイザーは、現場統括が主な役割ですが、業界によって業務内容は異なります。

製造業の場合、製品の品質維持したり、生産スケジュールを管理したりする役割です。

小売業では店舗管理を行い、スタッフのスケジュール管理をしつつ、顧客サービス向上に取り組みます。

業界でもスーパーバイザーは、主にスタッフの指導や教育、その他の管理業務を担当します

リーダーとの違いは?

スーパーバイザーとリーダーは、一見すると役割が似ているように思えますが、実際にはそれぞれ異なる特徴があります。

スーパーバイザーは、上司からの指示を受け、現場スタッフを指導や教育を行う役割です。

チームで働くスタッフの育成や指導に注力し、現場スタッフのモチベーションを高めるために、作業改善に努めます。

一方、リーダーは組織全体を把握し、会社のビジョンや方針を策定し、目標達成のために指導を行います。

組織全体の方向性や目標を決定し、組織を牽引する役割です。

このように、スーパーバイザーとリーダーは役割において異なる点があります。

スーパーアドバイザーも存在する

ビジネスにおいて、スーパーバイザーという役割には似たような、スーパーアドバイザーという役割が存在します。

役割の違いは教育や指導する相手です。

例えば、スーパーバイザーは現場スタッフに必要な研修を指導し、品質向上のために教育を行います。

一方、スーパーアドバイザーは経営陣の一員としてビジネス戦略や方針を策定し、コンサルティング業務を提供する役割です。

以上から、スーパーアドバイザーとスーパーバイザーの役割は異なることが分かります。

中広告1中広告2

スーパーバイザーの仕事内容

スーパーバイザーの仕事を理解していない人もいるでしょう。

ここでは、仕事内容を紹介していますので、参考にしてください。

スタッフのマネジメント

スタッフ一人ひとりの能力が上がることで、組織全体もスキル向上にも繋がります。

その他、スタッフのスキルや能力を理解し、適材適所の配置を行います。

現場スタッフが作業に関して悩んでいる人も多いです。

もう一点、スタッフの悩みを把握し、スタッフのスキル向上につながるように的確な助言を行います。

スーパーバイザーは、スタッフのマネジメントを通じて組織のスキル向上を促します。

職場環境の向上

職場環境を整えることで、現場スタッフの悩みやストレスが減り、これは生産性向上にも繋がります。

例えば、作業内容が一通りわかるようにマニュアルを作成したり、無駄な作業を省いたりします。

職場環境が向上すれば、現場スタッフの悩みが解消され、作業に集中できます。

スーパーバイザーは職場全体を把握し、スタッフが効率よく作業できるように職場環境の向上に取り組むことが必要です。

他部署との連携

現場だけで解決できない問題を、他部署と連携することで解決します。

例えば、生産部門と販売部門がある場合、スーパーバイザーが部署同士を連携すれば、生産から販売までがスムーズになります。

スーパーバイザーは他部署の問題や要望を聞き入れ、試行錯誤しながら解決策を考える必要があります。

中広告1中広告2

スーパーバイザーに向いている人

ここでは、スーパーバイザーに向いている人を紹介しますので参考にしてください。

周囲への配慮が苦にならない

周囲への配慮が苦にならない人は、スーパーバイザーに向いています。

スタッフの指導や教育が役割なので、コミュニケーション能力が必要です。

スタッフが作業で悩んでいたり、人間関係で困っていた場合、スタッフの状態が悪いままだと、生産性が低下する可能性も高いです。

スーパーバイザーは、常に周りのスタッフとコミュニケーションを取り、状況を把握しなければなりません。

人への気配りが苦にならない人は、スーパーバイザーに向いています。

もしも、コミュニケーション能力が低い方でも、落ち込む必要はありません。

魅力はたくさんありますので、「【寡黙な人って褒め言葉なの?】仕事や性格面での魅力8個」にて、確認してみましょう。

状況分析ができる人

スーパーバイザーは状況分析できる人が向いています。

スタッフの生産性を向上させるには、職場環境を良くする必要があるからです。

具体的には、作業全体を把握し、時間がかかる箇所の問題点を見つけて、改善する必要があります。

また、トラブルが起きたときも瞬時に状況を把握し、改善するために指導しなければなりません。

そのために、状況分析できる人はスーパーバイザーに向いています。

感情的に行動しない人

上司やクライアントからの指示やクレームを受け止め、冷静な対応が求められます。

製造業を例に挙げると、製品品質が低く、クライアントからクレーム対応することもあるかもしれません。

さらに一方的な指摘を受けると、感情的になってしまう可能性も出てきます。

スーパーバイザーは、感情的にならず、クライアントの意見に耳を傾け、問題の解決策を考える必要があります。

感情的に行動すると、スタッフの信頼を失い、マネジメントが難しいです。

そのため、適切な対応が求められます。

体力や忍耐力がある人

スタッフの問題解決に積極的に行動しなければならないため、精神的なストレス耐性が必要です。

例えば、スタッフ同士の人間関係が悪いとチーム全体に影響を与える可能性があります。

そのために問題点を聞き、改善しなければなりません。

意見が食い違ったりすると、間に入ったりするケースもあるため、ストレスを感じます。

また、大企業にもなると、広い範囲のスタッフを管理することもあるので、体力が必要です。

チームで目標達成したい人

スーパーバイザーには、スタッフの指導や管理が求められるため、チームで協力して行動することが好きな人が向いています。

チームで目標を達成するには、個人ではなくチーム全体のことを考える必要があるためです。

個人行動を好む人は、チームの視点を持つことが難しいかもしれません。

スーパーバイザーには、チーム全体の能力向上や個人の成長を促すため、教育的な役割も求められます。

求められるスキル

ここでは、スーパーバイザーに求められるスキルを紹介しますので、参考にしてください。

マネジメントスキル

スーパーバイザーは、現場スタッフを指導したり教育したりします。

チームを管理する役割があるため、マネジメントスキルが不可欠です。

例えば、売上目標を達成するためには、生産性を向上する必要があります。

スタッフ個人を指導や適材適所に配置するなど、適切なマネジメントが求められます。

また、目標達成のためには、チーム全体を効率的に機能させる必要があります。

マネジメントスキルが高い管理者がいる職場は、非常に働きやすいです。

働きやすい職場の特徴を知りたい方は、「働きやすい工場は環境づくりと人間関係が重要な理由8選」にて、確認してみましょう。

コミュニケーション能力

スーパーバイザーには、チームをまとめるために多くのスタッフとコミュニケーションを取ることが必要不可欠です。

スタッフが悩みを抱えることによって、生産性が低下することがあります。

スーパーバイザーは、スタッフが快適に作業できるように問題を解決しなければならないため、個々の状態の確認が必要です。

スタッフ一人ひとりの状態を確認するためには、日常的にコミュニケーションを取らなければなりません。

そのため、スーパーバイザーには優れたコミュニケーション能力が求められます。

リスク管理スキル

スタッフの生産性を維持するためにも、想定されるリスク管理できる能力が求められます。

例えば、ライン作業中に怪我や事故を起こしそうな場所を事前に調査し、対策を考え実行します。

もし、トラブルが起きたら、瞬時に状況を把握して、早期回復の対策を実行しなければなりません。

スタッフが効率よく作業するためにも、スーパーバイザーにはリスク管理スキルが求められます。

数値管理スキル

スーパーバイザーは、スタッフの教育や指導だけでなく、利益や売上を上昇させる役割もあります。

工数や売上などをエクセルで管理し、目標達成のための状況を把握する必要があります。

分析をすることで、改善項目が見つけられ、生産性向上にも繋がります。

そのため、スーパーバイザーには数値管理スキルが必要不可欠です。

学習スキル

スタッフの生産性向上や目標達成するためには、PCDAサイクルを回す必要があります。

日々作業をする中で、さまざまな問題が見つかり、問題を解決するためには、広範囲な知識を身につけておくことが必要です。

柔軟で迅速な対応が必要なため、日々の学習スキルが求められます。

なるためのポイント

ここでは、スーパーバイザーになるためのポイントを紹介します。

スーパーバイザーになりたい人は参考にしてください。

資格より、スキルや経験が必要

スーパーバイザーになるためには、特定の資格を取得する必要はありません。

しかし、業界の経験やスキルを身につけることが望ましいです。

業界の専門知識や実績を積むことで、スーパーバイザーとして信頼性を高めることができます。

また、日々の業務で発生する問題を解決するためには、知識や経験が必要です。

スーパーバイザーになるためには、多くの経験やスキルを身につけておくことが重要です。

信頼できる相談者をつくる

スーパーバイザーになるためには、信頼できる相談者を作ることが重要です。

スタッフの教育や指導に携わると、悩みが生じることがあります。

上司や先輩など相談できる人を探しておくと、困ったときに頼りになるからです。

例えば、現場スタッフに指示が上手く伝わりにくかったり、成績が伸びなかったりする場合があります。

一人で悩むと、チーム全体に悪影響を与えるかもしれません。

上司や先輩に相談することで、自分のアイデアに加えて、新たな視点やアイデアを得られることもあります。

スーパーバイザーになりたい人は、信頼できる相談者を見つけておくことをおすすめします。

コミュニケーション能力を高める

スーパーバイザーは、チーム全体をまとめ、スタッフとのコミュニケーションを取り、業務をスムーズに進める役割があります。

スタッフと意思疎通をスムーズにしておけば、トラブルが起きたとしても早期に解決が可能です。

また、スーパーバイザーはスタッフだけでなく、上司やクライアント、他部署などと幅広く関わるため、コミュニケーション能力が必要です。

スーパーバイザーになりたい人は、コミュニケーション能力を積極的に高めておくことがいいでしょう。

転職する

どこの企業にも、スーパーバイザーが存在するわけではありません。

スーパーバイザーになりたい人は、既に存在する企業に転職する必要があります。

採用されるためには、自分の経験やスキルをアピールすることが大切です。

また、求人に応募する前に、自分が希望する業界や企業、職種などをしっかりと調べて、自分の目的に合った求人を探しておきましょう。

まとめ

今回は、スーパーバイザーに向いている人について解説してきました。

スーパーバイザーの役割はチームを統率し、現場スタッフを指導・教育することです。

また、スタッフが効率的に作業できるように、職場環境の整備や他部署との連携など、重要な役割を担っています。

リーダーと異なり、スーパーバイザーには多くのスキルが求められます。

特にスタッフや他部署との連携において、コミュニケーション能力は必要不可欠です。

スーパーバイザーになりたい人は、上述で紹介した「スーパーバイザーになるためのポイント」を参考にしてください。

スタッフのご紹介

大山 拓夢

[ プロフィール ]

大阪出身
製造業界経験3年
派遣業界に強い

[ 職務経歴 ]

採用マーケティングチーム
・Webディレクター
・Webライター
・原稿管理
・出稿管理など

 

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】