転職の入社時期って調整可能?すぐに働きたい人にオススメな求人もご紹介!

転職活動がゴールを迎え、新しい職場での入社日が決定したものの、引き継ぎや書類手続きの不備が生じ、予定通り進まない状況に直面している方もいるでしょう。

入社日を調整できるのか疑問を抱く人もいるかもしれません。

結論、入社時期が決定されてからでも変更はできます。

しかし適切に企業とコミュニケーションを取らないと、信頼関係が損なわれてしまうかもしれません。

本記事は、入社時期が決定してから調整可能かどうかについて、詳しく解説します。

またすぐに働きたい人におすすめの業界5選を紹介していますので、参考にしてください。

この記事を読むことで、入社日の調整が可能か理解でき、企業と良好な関係を保ちつつ入社できるでしょう。

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】
月収42万円・祝金111万円など

転職の入社時期の調整は可能?

ここでは、入社日が決定してから調整できるかを紹介します。

入社日を変更したい方は、調整できるか把握しておきましょう。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

入社日が決定してからも調整は可能

転職の入社時期を変更したいとき、交渉は基本的にできます。

採用決定から1ヶ月から3ヶ月後に入社するケースが一般的です。

しかし現職の引き継ぎが上手く行かなかったり、退職の手続きに問題があったりすると入社予定日に間に合わない可能性があります。

入社日の交渉は基本的にできますが、早めに交渉を行い、自分が確実にできる入社日を伝えることが大切です。

入社日の変更は早めに伝える

入社時期を変更する必要がある場合は、早めに企業に伝える必要があります。早めに伝えることは、企業が必要な調整や変更を行うために十分な時間が確保できるからです。

急な変更は難しい場合もありますが、早い段階で伝えることで企業側も余裕が生まれるため、対応してくれる可能性があります。

入社日の変更が必要であることを素早く伝えることで、企業との信頼関係を良好に保てます。

企業の希望が伝えられる

入社時期の交渉はできますが、企業にも希望があります。

企業側がプロジェクトや業務の都合で人員を必要としている場合は、入社日の変更が難しいです。

入社日が変更できるものの、企業側の立場や事情を理解しつつ、柔軟な交渉を心がける必要があります。

希望に添えない場合でも、コミュニケーションを大切にし、相手との信頼関係を築くことで、今後のキャリアにも影響を与えるでしょう。

変更にはリスクを伴うこともある

入社日の調整はできますが、変更にはリスクを伴うことを理解しておきましょう。

入社日の変更は企業の業務やスケジュールに影響を与えるからです。

急な変更が難しい場合は、企業との信頼関係が損なわれるかもしれません。

入社日の変更は慎重な検討が必要であり、可能な限り企業側の事情を理解する必要があります。

急な日程変更が必要な場合は、影響を最小限に抑えるためにも企業とのコミュニケーションと調整が大切です。

希望日を設定する目安

転職を検討している方は、入社希望日の目安を把握しておくことが大切です。

事前に入社スケジュールの目安を考えておくと、急な変更なども柔軟に対応できます。

たとえば、転職してから入社時期は1ヶ月から3ヶ月が一般的です。

少し余裕を持ってスケジュールを組めば、引き継ぎの遅れや書類トラブルが起きても入社日を変更する必要もなく、柔軟に対応できます。

ただし、急募求人などは1ヶ月以内に入社することが条件の場合があるため、事前に面接のときに確認しておきましょう。

入社希望日を柔軟かつ明確に持っておくことで、転職がスムーズに進められます。

転職の入社時期を待ってもらうために抑えておきたいポイント

転職の入社時期を待ってもらうポイントは以下の通りです。

  • 企業側の希望を確認しておく
  • 自分の状況を考えてから決める
  • 希望日の理由を考えておく
  • 企業の条件に合わせすぎないように注意する
  • どうしても変更したい場合は電話で伝える
  • 不安な方はエージェントを活用する

 

転職をスムーズするためには、自身と企業の双方の希望を確認しておくことが大切です。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

企業側の希望を確認しておく

入社時期を待ってもらうポイントとして、企業側の希望時期を確認しておくことが大切です。

企業によっては、一定の入社スケジュールを持って進めている場合があります。

たとえば、転職先のプロジェクトや業務に従事するときは、スケジュールを考慮することが大切です。

業務の都合に合わせて入社しないと、企業の業務に影響を与える可能性があります。

企業側の希望を事前に確認し、スケジュールに合わせて柔軟な対応を示すことで、入社時期の調整がスムーズに進むでしょう。

自分の状況を考えてから決める

転職の入社時期を待ってもらうポイントは、自分の状況を考えてから決めることです。

引き継ぎ不足や急なプロジェクト変更で、企業やチームに悪影響を与える可能性があります。

たとえば、引き継ぎが上手くできないと、転職後も前職から問い合わせがくるかもしれません。

また現職のプロジェクトを急に変更することで、企業に悪影響を与える恐れもあります。

転職時期を検討するときは、自分の状況を把握し、慎重に行動することが重要です。

現職と新しい職場に迷惑をかけないように、最適なタイミングを見つけましょう。

希望日の理由を考えておく

希望日の理由を事前に考えておくことで、スケジュールに余裕を持てます。

仕事に関しては、引き継ぎや業務の進捗状況を把握して伝えましょう。

引っ越しや家庭の都合、休暇の取得など、プライベートな事情も伝えることで、企業側の理解を得られやすいです。

希望日の理由を明確に伝えることで、企業との調整が円滑に進み、双方が納得できるスケジュールが調整できます。

企業の条件に合わせすぎないように注意する

企業の条件に合わせすぎないように注意することも大切なポイントです。

自分の状況やスケジュールに合わせないと、現職や新しい職場でトラブルに巻き込まれる可能性があります。

企業の希望だけで行動すると、引き継ぎができなかったり引っ越しが間に合わなかったりして企業や私生活に悪影響を与えるかもしれません。

自身の状況と企業の条件を考慮して、入社日を設定する必要があります。

自分の意見を言うのは勇気が必要ですが、柔軟性を持ちつつ、重要なことは遠慮なく話すことが大切です。

どうしても変更したい場合は電話で伝える

現職で急なトラブルが起きたら、入社日を変更する必要が出てくる場合がありますよね。

どうしても変更したい場合は、メールでなく、素早く電話で伝えることが大切です。

急な変更に対しては素早い対応が求められるため、メールよりも電話のほうが伝わりやすくなります。

またメールの文章では誤解が生じることもあり、電話で相手に直接話すことで、正確に伝わります。

どうしても変更が必要な場合は、できるだけ早く電話で連絡し、丁寧かつ明確に状況を説明することが大切です。

不安な方はエージェントを活用する

転職に不安がある方は、エージェントを活用するのもポイントです。

エージェントは企業と提携を結んでおり、候補者の希望の条件を適切に伝え、入社日の調整を行います。

企業に自分の希望が伝えにくい方は、エージェントを活用することで、入社時期に関する交渉がスムーズに進められます。

入社時期に関する問題に対しても、適切にアドバイスしてくれるため、不安が軽減されるでしょう。

中広告1中広告2

転職から入社日までにやるべきこと

転職から入社日までにやるべきことは以下の通りです。

  • 退職の手続きを済ませておく
  • 転職先に提出する書類を準備しておく
  • 前職の業務引き継ぎ
  • 引越しの準備
  • 有給休暇の消化

 

転職してからトラブルに巻き込まれないためにも、事前に済ませておきましょう。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

退職の手続きを済ませておく

入社日までにやるべきことは、前職での退職の手続きを済ませておきましょう。

適切に手続きを行うことで、前職をスムーズに退職することができ、新しい職場でいいスタートがきれます。

たとえば、退職届や引き継ぎ関連の書類などの書類を確認し、提出しておくことが大切です。

退職日と転職先の入社日が被らないようにスケジュール調整する必要があります。

転職先でスムーズにスタートを切るためにも、退職の手続きは余裕を持って済ませておきましょう。

転職先に提出する書類を準備しておく

入社日までにやるべきことは、転職先に提出する書類を準備しておくことです。

事前に準備しておけば、新しい職場でもスムーズに働けます。

転職先に提出する書類は下記の通りです。

  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
  • 雇用保険被保険者証
  • マイナンバー
  • 給与振込先の届書

 

上記以外にも必要な書類があるため、事前に転職先に確認することが大切です。

入社日に向けてスムーズなスタートを切るためにしっかりと準備しておきましょう。

前職の業務引き継ぎ

入社日までにやるべきことは、前職の業務引き継ぎです。

担当業務やプロジェクトを後任者に適切に引き継ぐことで、スムーズに退職できます。

たとえば、業務の手順、課題や解決策などチームにとって重要な情報をまとめておきましょう。

進行中の業務やタスクは進捗状況を共有し、残っている作業や課題を明確にしておくことで、後任者も理解しやすいです。

業務引き継ぎの際には、適切で効果的なコミュニケーションを取る必要があります。

引越しの準備

早めに引っ越しを済ませておくと、新しい環境に慣れ、ストレスを軽減できます。

引越しの手続きや荷造り、移動といった作業は時間とエネルギーを消費しやすいです。

事前に済ませておけば、入社後の仕事に集中しやすくなります。

入社日までに引っ越し準備を整えることは、新しい環境でのスタートと生活をサポートするために重要な要素です。

計画的に行動することで、新しい職場でもいいスタートがきれるでしょう。

有給休暇の消化

有給休暇を利用して十分な休息を取ることで、心身ともにリフレッシュされ、新しい職場でのスタートに向けて充実感が得られます。

新しい環境への適応や変化には一定のストレスが伴います。

有給休暇を活用して十分にリラックスする時間を取り、ストレスを軽減させておくことが大切です。

すぐに働きたい方におすすめしたい業界求人5選

すぐに働きたい方におすすめしたい業界求人5選は以下の通りです。

  • 製造業界
  • 物流・倉庫業界
  • 建設業界
  • 介護業界
  • 飲食サービス業界

 

上記の業界は未経験からでもチャレンジできるため、新しい業界で働きたい方は把握しておきましょう。

詳しく解説しますので、参考にしてください。

製造業界

すぐに働きたい方におすすめしたい業界求人は製造業界です。

製造業は、基本的なスキルや経験を持った人材が即戦力として求められます。

特に生産ラインや機械操作を理解し、手際よく作業できる人材は高く評価されます。

また、製造業は未経験でも採用されやすい業界です。

多くの製造企業は、基本的な作業や安全ルール、製造過程などを学ぶことができ、業務に対する理解を深められます。

製造業界ですぐに働きたい方は、求人情報をしっかりと確認し、自分に適したポジションを見つけることが大切です。

物流・倉庫業界

すぐに働きたい方におすすめしたい業界は、物流や倉庫業界です。

物流や倉庫業界にはさまざまな職種があり、自分に合ったポジションが見つけられます。

ピッキング、梱包、倉庫管理など、経験や興味に合わせて選択できる範囲が広いです。

物流や倉庫業界は、即戦力としての需要が高く、未経験者でもスムーズに働き始めることができ、急いで働きたい方には魅力的な選択肢となります。

求人情報を確認し、自分に合った職種や環境を見つけることが重要です。

建設業界

すぐに働きたい方におすすめしたい業界は、建設業界です。

建設業界も多岐にわたる職種が存在するため、自分に合う仕事が見つけられます。

たとえば、施工管理、土木作業員、足場組立、クレーンオペレーターなど経験に応じてポジションが選択できます。

建設業界は、新しい技術や建設機械の操作方法を学ぶ機会が豊富です。

未経験者でも歓迎される求人が多く、現場で経験を積みながら、スキルを身につけられます。

他の業界同様に求人情報を注意深く確認し、自身の経験やスキルに合った仕事を見つけることが重要です。

介護業界

すぐに働きたい方におすすめしたい業界は、介護業界です。

介護業界は高齢化社会の進展とともに、高い人材需要があります。

介護職員、看護師、ケアマネージャー、リハビリスタッフなど経験に応じて職種もさまざまです。

未経験者でも歓迎される求人が多く、教育制度や研修を受けて、着実にスキルアップできる環境が整っています。

介護業界は人材が不足しており、即戦力として求められる要素も多いため、急いで働きたい方にはおすすめです。

自身の経験や興味に合った介護の分野を探し、求人情報を確認しましょう。

飲食サービス業界

すぐに働きたい方におすすめしたい業界は、飲食サービス業界です。

飲食サービス業界は、季節に応じて需要が変動するため、迅速な人員補充が求められます。

コミュニケーション能力が高い人材は即戦力として採用されやすいです。

未経験からでも始めることができ、基本的な接客やサービススキルは研修を通じて習得できます。

飲食サービス業界は即戦力としての需要があり、未経験者でも入りやすいため、急いで働きたい方は、魅力的な選択肢です。

***

関連記事:「未経験歓迎」の理由とは?

まとめ

転職の入社時期の調整はできますが、企業との適切なコミュニケーションを取る必要があります。

現職と新しい職場に迷惑をかけないためにも、自身の状況を把握し、余裕を持って入社時期を設定することが大切です。

転職の入社時期を変更したい方は、先ほど紹介したポイントを参考に、企業と交渉を行いましょう。

素早くかつ適切に伝えることで、入社後も企業との信頼関係を損なうことなく、新しいスタートが切ることができるでしょう。

大山 拓夢

[ プロフィール ]

大阪出身
製造業界経験3年
派遣業界に強い

[ 職務経歴 ]

採用マーケティングチーム
・Webディレクター
・Webライター
・原稿管理
・出稿管理など

 

※工場求人のお仕事をお探しの方は、しごとアルテがオススメ。

しごとアルテは、【時給2100円、年収例555万円、寮費タダ】など、全国1000件以上の求人を取り扱っております。

【工場求人のシゴト】